【先ヨミ・デジタル】Official髭男dism「Subtitle」前週超えでストリーミング首位5週目に突入 RADWIMPS『すずめの戸締まり』主題歌初のトップ入りなるか
【先ヨミ・デジタル】Official髭男dism「Subtitle」前週超えでストリーミング首位5週目に突入 RADWIMPS『すずめの戸締まり』主題歌初のトップ入りなるか
この記事の写真をすべて見る

 GfK Japanによるストリーミング再生回数レポートから、2022年11月14日~11月16日の集計が明らかとなり、Official髭男dism「Subtitle」が8,786,601回で首位を走っている。

 2022年11月16日公開チャート(集計期間:11月7日~13日)で、史上初の3週連続2,000万回超えを達成した「Subtitle」。チャートイン6週目前半となる当速報では、前週の前半3日間の記録846.6万回を上回る878.6万回を記録。当週も2,000万回の大台を超えるペースで首位を独走している。

 続いて、米津玄師「KICK BACK」が571.5万回で2位を走行中。3位のなとり「Overdose」、4位のAdo「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」までのトップ4は3週連続でそれぞれの順位をキープしている。

 そして10位には、RADWIMPS「すずめ (feat. 十明)」が初の速報トップ10入り。同曲は、11日に公開された映画『すずめの戸締まり』の主題歌で、9月30日より配信がスタート。2022年10月12日公開チャートで61位にデビューし、その後は79位→94位→90位→74位と推移していたが、映画公開を機に11月16日公開チャートでは41位にジャンプアップ。当速報では233.7万回を記録し、初の週間トップ10入りを狙っている。さらに、もうひとつの主題歌「カナタハルカ」も前週55位から当速報では14位にランクアップしている。

◎Billboard JAPANストリーミング・ソング集計速報
(集計期間:2022年11月14日~11月16日)
1位「Subtitle」Official髭男dism
2位「KICK BACK」米津玄師
3位「Overdose」なとり
4位「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado
5位「W/X/Y」Tani Yuuki
6位「祝福」YOASOBI
7位「ミックスナッツ」Official髭男dism
8位「私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado
9位「もう一度」Tani Yuuki
10位「すずめ (feat. 十明)」RADWIMPS

※Billboard JAPANの週間ストリーミング・ソング・チャートは、GfK Japanが提供するオンデマンド型音楽配信サービス(Amazon Music (Unlimitedおよびプライム会員向け音楽ストリーミング)、Apple Music、AWA、HMVmusic、KKBOX、LINE MUSIC、Rakuten Music、Spotify、TOWER RECORDS MUSIC)、プレイリスト型音楽配信サービス(dヒッツ、うたパス)、MRC Dataが提供するYouTube Musicの再生回数を合算して集計していますが、先ヨミ時点の集計値はGfK Japanのデータによる推定値となります。

暮らしとモノ班 for promotion
【24日23時59分終了!】Amazonの「Fashion ✕ 夏先取りタイムセール祭り」で夏のファッションや暑さ対策小物を準備しよう!