メイン画像
この記事の写真をすべて見る

台風1号は午後3時現在、南大東島地方に最も近づいています。今後も北よりに進み、31日(金)には伊豆諸島に最接近するでしょう。東海や関東甲信、東北の太平洋側では台風の北側に延びる前線の雨雲がかかり、雨や風が強まる所がありそうです。海上では次第に波が高くなりますので、最新の情報にご注意ください。

明日30日(木) 天気下り坂 夜は太平洋側で雨具が必要

画像A

明日30日(木)は台風1号の北上に伴い、前線も北上する見込みです。

天気はゆっくりと下り坂です。日中は晴れる所が多いですが、次第に雲が広がるでしょう。夜になると九州から関東甲信の太平洋側を中心に、所々で雨が降りそうです。お帰りが遅くなる方は、折りたたみ傘など雨具があると安心です。

北海道では気圧の谷や寒気の影響で、雨が降ったりやんだりで、傘が手放せないでしょう。

明日30日(火) 東京都心は5月初の10日連続夏日

画像B

最高気温は、今日と同じくらいか少し高くなって、東北から九州、沖縄では25度を超える所がほとんどです。
東京都心では10日連続の夏日(最高気温が25℃以上)になるでしょう。5月で夏日の連続日数の記録を更新しそうです(これまでは、今年2024年5月20日~29日と2019年5月22日~30日の9日連続)。内陸や沖縄では30度くらいまで上がり、暑さが続くでしょう。今日より湿度が高くなり、風の通しの悪い所ではよりムシムシ感じられそうです。

室内ではエアコンの除湿機能を使うなど、温度だけでなく湿度の調節もしましょう。外で長い時間作業される方は、こまめな水分補給や涼しい所での休憩も心がけてください。

31日(金) 台風1号は関東の南へ 太平洋側で雨・風強まる

画像C

強い台風1号は、現在、沖縄の大東島地方に最も接近しています。大東島地方では、今日いっぱい大荒れの天気が続くでしょう。暴風や高波に警戒し、激しい雨に注意が必要です。

その後、台風1号は日本の南を北よりへ進み、明後日31日(金)には関東の南の海上を進むでしょう。台風が接近する伊豆諸島では雨や風が強まり、波も高くなるでしょう。近畿や東海、関東甲信、東北南部でも、台風の北側に延びる前線の雨雲がかかり、関東の沿岸部では午前は発達した雨雲がかかる所もありそうです。海上では波も高くなってきますので、最新の台風情報や気象情報にご注意ください。

台風1号は6月1日(土)には、日本のはるか東で温帯低気圧に変わる見込みです。

6月2日(土)以降 関東や東北太平洋側ぐずついた天気 極端な暑さはない

画像D

6月2日(土)以降は、オホーツク海高気圧が居座るでしょう。

関東や東北の太平洋側では北東から冷たい海風が入るため、曇りや雨のぐずついた天気が続き、気温もあまり上がりません。最高気温は平年より低く、特に仙台など東北の太平洋側では20℃に届かないでしょう。日中も空気がヒンヤリしますので、羽織る物などでうまく調節してください。

暮らしとモノ班 for promotion
インテリアになじむおしゃれ傘立てに注目!Amazonの売れ筋ランキング