【先ヨミ・デジタル】TM NETWORKトリビュートALが引き続きDLアルバム首位走行中 長渕剛/Knightsが後を追う
この記事の写真をすべて見る

 GfK Japanによるダウンロード・アルバム売上レポートから、2024年5月20日~5月22日の集計が明らかとなり、TM NETWORKのトリビュートアルバム『TM NETWORK TRIBUTE ALBUM -40TH CELEBRATION-』が484ダウンロード(DL)でトップを走っている。

 『TM NETWORK TRIBUTE ALBUM -40TH CELEBRATION-』はTM NETWORKのデビュー40周年記念作であり、B'z「Get Wild」や松任谷由実 with SKYE「Human System」など様々なアーティストによるTM NETWORK楽曲のカバー11曲と、それらのTM NETWORKによるオリジナル・バージョンが収録されている。5月22日公開のダウンロード・アルバム・チャートにて初登場で首位を獲得した本作だが、2週連続でのトップとなるか、注目したい。

 2位には、長渕剛の約7年ぶりとなるフルアルバム『BLOOD』がダウンロード数417DLで走行中。そして、『あんさんぶるスターズ!!』のアルバムシリーズ第14弾としてリリースされたKnightsのアルバムがダウンロード数360DLで3位についている。

 その他トップ10では、ゲスの極み乙女の6thアルバム『ディスコの卵』(206DL)が6位、ClariSの7thアルバム『Iris』(147DL)が8位、ビリー・アイリッシュの3rdアルバム『ヒット・ミー・ハード・アンド・ソフト』(106DL)が9位、そしてBRADIOの4thアルバム『PARTY BOOSTER』(97DL)が10位をそれぞれ初登場で走っている。


◎Billboard JAPANダウンロード・アルバム集計速報
(集計期間:2024年5月20日~5月22日)
1位『TM NETWORK TRIBUTE ALBUM -40TH CELEBRATION-』V.A.
2位『BLOOD』長渕剛
3位『あんさんぶるスターズ!!アルバムシリーズ『TRIP』』Knights
4位『SCIENCE FICTION』宇多田ヒカル
5位『凡才』imase
6位『ディスコの卵』ゲスの極み乙女
7位『棘アリ』トゲナシトゲアリ
8位『Iris』ClariS
9位『ヒット・ミー・ハード・アンド・ソフト』ビリー・アイリッシュ
10位『PARTY BOOSTER』BRADIO

※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成していますが、先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となります。

暮らしとモノ班 for promotion
9000円台から手に入る!大画面で見やすいタブレットのAmazon売れ筋ランキング