メイン画像

今日16日の関東甲信は、あちらこちらで雨。沿岸部の雨は昼頃にはやむものの、午後は天気急変に注意。内陸部ほど雨雲が湧きやすく、急な強い雨や雷雨も。

沿岸部は昼頃まで雨 雨あがりは気温上昇

画像A

関東地方は、今朝(16日)も沿岸部を中心に雨が降っています。この雨は、関東の沿岸にのびる前線や低気圧によるもので、昼頃にはやむ見込みです。ただ、局地的に雨の降り方が強まることもあるため、通勤通学の際は傘をお持ちください。

午後は各地で日差しが戻り、気温がグンと上がるでしょう。最高気温は25℃前後の所が多く、汗ばむくらいになりそうです。

午後 内陸を中心に急な雷雨も

画像B

地上の気温が上がる一方で、今日16日午後には、関東甲信の上空5500メートル付近に、マイナス15℃以下の寒気が流れ込む予想です。夜遅くにかけては、大気の状態が非常に不安定となるため、局地的に雨雲や雷雲が発達するでしょう。

関東は、群馬県や栃木県の山沿いを中心に雨雲が発達。平野部も含めて急に強い雨が降り、落雷や突風、竜巻などの激しい突風が吹くおそれがあります。長野県や山梨県もあちらこちらで雨が降り、雷を伴って雨脚が強まるでしょう。

天気急変のサイン

画像C

天気急変の前兆となる現象は、大きく3つ挙げられます。

① 「真っ黒な雲が近づいてきた」
発達した積乱雲は、真っ黒に見えます。黒い雲が速いスピードで動いているように見えたり、晴れていたのに急に空が暗くなったりするのも、天気急変のサインの一つです。

② 「雷の音が聞こえてきた」
ゴロゴロという音が聞こえてきたら、雷雲が近づいています。また、稲妻が見えるのも、天気急変のサインの一つです。

③ 「急に冷たい風が吹いてきた」
発達した積乱雲からは、雨粒とともに、冷たい風が勢いよく吹き降りてきます。風の変化にも、注意が必要です。

このような前兆を感じたら、すぐに安全な所へ避難してください。また、雷注意報が発表されている時や、天気予報で「大気の状態が不安定」「天気が急変」という言葉を聞いた時にはご注意ください。