Nao Yoshioka、5年ぶりとなるニューアルバム6月発売

 Nao Yoshiokaが、5年ぶりとなるニューアルバム『Flow』を6月28日にリリースする。

 本作は、各国のシーンを代表するアーティストと、分断された世界を再び音楽の架け橋で繋ぐコラボ作品。参加アーティストは、US、UK、オランダ、オーストラリア、そして日本から集結した、Devin Morrison、Takuya Kuroda、Reuben James、MXXWLL、Jarreau Vandal、JAELらとの共演した。パンデミックという厳しい時代を経て、自己発見と自己表現の旅がテーマとなったこのアルバムは、ソウル、R&B、ジャズ、ファンクが融合し、Nao Yoshiokaが世界に届ける希望と再生のシンボルとなっているという。

 彼女はこのアルバムについて「今私が持っている新しい感覚とリンクした素晴らしい世界のプロデューサーやアーティストと作ったアルバムを通して、私の没頭と自己解放の体験を多くの人に伝えて、いつかの私のように悩んでる方の気持ちが少しでも明るくなるようなきっかけになればと願っています。」と語っている。

 Nao Yoshiokaは、本作の発売を記念したリリースパーティーを、7月にビルボードライブ大阪、ブルーノート東京、そして8月にはロンドンでも開催する。

◎リリース情報
アルバム『Flow』
2024/6/28 RELEASE
MCP-0016 2,970円(tax in.)

◎公演情報
【Nao Yoshioka New Album "Flow" Release Party in Osaka】
2024年7月18日(木)大阪・Billboard Live OSAKA
【Nao Yoshioka New Album "Flow" Release Party】
2024年7月20日(土)東京・BLUE NOTE TOKYO
【Nao Yoshioka New Album "Flow" Release Party in London】
2024年8月1日(木)英・OMEARA London

◎Nao Yoshiokaコメント全文
 前作『Undeniable』から5年。こんなにも長くアルバムをリリースしなかったのはキャリアの中で初めてで、アルバムを作っていた時間が長かったのではなく、個人として人生に向き合う時間に多くを費やしました。私の昔の作品を聴くと、その多くが自分を愛するためにどうしたらいいのかという葛藤や答えを探しているような作品が大半でした。1stアルバムの収録曲「I’m Not Perfect」では、自分のことが嫌いでしょうがなくて、そしてなんとか自分を愛そうとしている過程を描きました。この曲はその時の私を忠実に表現しています。『Undeniable』収録曲の「Celebrate」では、いろんな生き方を祝福することでどんな自分の人生も受け入れる準備ができてきたように思います。その後、コロナ禍でメンタルとフィジカルが崩れてしまった時「なりたい自分」、つまり周りに評価され、社会的なキャリアを追求している自分を諦めてしまわないといけなくなった時に初めて、その裏でずっと苦しんでいた本当の、キラキラしてない、ダサくて、不器用な自分に出会えました。Nao Yoshiokaではない、ソウルシンガーでもない「誰でもない自分」は本当に弱ってて、頑張れなくて、どん底でした。10代にうつ病になった時のような感覚になりそうで怖くて、あの時NYの音楽が私に希望をくれたように、自分がワクワクすることをリハビリのつもりで始めてみました。すると心も体も本当に喜びを感じる感覚が戻ってきて、「なりたかった自分」の時よりももっと眩しくてパワフルな自分がいることに気がつきました。背伸びをして、人に認められようとしている自分ではなく、ありのままの自分でいること。私はここから始めなければいけなかったんだと感じました。だから今回は、本当の私のデビューというか、そんな感覚があります。今私が持っている新しい感覚とリンクした素晴らしい世界のプロデューサーやアーティストと作ったアルバムを通して、私の没頭と自己解放の体験を多くの人に伝えて、いつかの私のように悩んでる方の気持ちが少しでも明るくなるようなきっかけになればと願っています。