メイン画像

今日13日の関東甲信は、雨の降る時間が長く、局地的に激しい雨。午後は沿岸部で滝のような雨が降る所も。土砂災害や道路の冠水などに警戒を。

局地的に「激しい雨」や「非常に激しい雨」

画像A

今日13日は西から近づく寒冷前線と、関東付近に延びてくる前線が一体化して、今夜にかけて関東地方を通過するでしょう。関東甲信は雨の降る時間が長いうえに、断続的に発達した雨雲がかかり、警報級の大雨になるおそれがあります。

関東甲信は、朝の通勤通学の時間帯から雨脚が強まっています。昼頃にかけては、局地的に激しい雨が降り、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうなどにも注意が必要です。

内陸では、午後になると雨の降り方は落ちついてきますが、沿岸部は午後9時頃まで雷を伴った激しい雨の降る所があるでしょう。千葉県は夕方にかけて、南部を中心に非常に激しい雨が降りそうです。

明日14日明け方にかけて警戒を

画像B

予想される雨の量(多い所)は、1時間に関東北部と甲信で40ミリ、関東南部と伊豆諸島で50ミリ。明日14日午前6時までの24時間降水量(多い所)は、関東北部で150ミリ、関東南部と伊豆諸島で180ミリ、甲信で100ミリとなっています。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。三浦半島の東京湾側では、昼前から昼過ぎにかけて高波に警戒が必要です。また、風も強まるため、交通機関に影響がないかなど、最新の情報を確認してください。

前日よりヒンヤリ

画像C

雨の影響で、日中はあまり気温が上がらないでしょう。最高気温は昨日12日よりも低い所が多く、内陸で20℃前後の予想。昼間も空気がヒンヤリと感じられそうです。沿岸部は23℃くらいの所が多く、平年並みでしょう。

夜は朝よりも気温が低く、北よりの風に変わるため、体感温度も下がりそうです。体調を崩さないよう、服装でうまく調節をしてください。