メイン画像

12日(日)、九州は前線の通過で雨が強まり、大雨のおそれもあります。また向こう1週間、晴れる日は最高気温が25℃以上の夏日が続出し、汗ばむ暑さになります。まだ暑さに慣れない時季、熱中症には十分ご注意下さい。

今日10日から気温上昇 夏日続出

画像A

今日10日、九州は移動性高気圧に覆われて、おだやかな晴れの天気でしょう。朝はひんやりしましたが、最高気温は25℃以上の夏日になる所が多く、汗ばむ陽気になる見込みです。大分県日田市は29℃と真夏日一歩手前まで上がり、暑くなる見込みです。
また、空気が乾燥しますので、火の取り扱いにはお気をつけ下さい。

12日(日)は雨強まる 雨量多くなる

画像B

明日11日は高気圧の後面となり、天気はゆっくりと下り坂に向かいます。九州は晴れて汗ばむ暑さになりますが、夕方から雲が増え、夜は九州南部で雨が降り出す所があるでしょう。

そして、12日(日)は九州付近を寒冷前線が通過するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になります。局地的に雷を伴い激しい雨が降り、総雨量は多い所では100ミリを超える大雨になるおそれもあります。また、沿岸海上は南よりの風がやや強まり、波が高くなる所もある見込みです。
おでかけの予定のある方は、こまめに最新の気象情報を確認しましょう。

来週は晴れの日多く、汗ばむ暑さ

来週13日(月)は前線が九州から離れ、各地とも天気は回復する見込みです。その後、17日(金)にかけて高気圧に覆われて晴天が続くでしょう。気温は平年より高めで、最高気温が25℃以上の夏日の所が多く、汗ばむ暑さになります。

まだ、この時季は体が暑さに慣れておらず、急な暑さにより熱中症になりやすい傾向があります。屋外では帽子をかぶったり、運動や作業をする際は定期的に休憩をとり、水分補給をするなどして熱中症にご注意下さい。