メイン画像

関西では、上空に冷たい空気が残っています。今朝は寒さが戻りましたが、明日10日の朝はさらに気温が下がり、1か月ぶりに10度を下回る所も多くなりそうです。ただ、その後は暖かい空気に入れ替わるため、明日10日の日中は気温が一気に上昇し、急に暑さが戻るでしょう。明後日11日(土)も広く夏日となり、来週にかけて高温傾向となる見込みです。

明日10日朝はさらに冷える 日中は気温急上昇で朝から20度近く上がる所も

画像A

関西では、天気が回復に向かっていますが、上空にはまだ冷たい空気が残っています。今日9日は、晴れても日中の気温は20度に届かない所が多いでしょう。明日10日の朝にかけては、放射冷却現象が強まるため、北部や内陸部を中心に今朝より気温が下がりそうです。京都など1か月ぶりに10度を下回る所が多くなるでしょう。また、山沿いでは遅霜の降りる恐れがあるため、注意が必要です。一方、明日10日は、暖かい空気に入れ替わり、日中はぐんぐんと気温が上がるでしょう。最高気温25度以上の夏日になる所が増え、内陸の一部では朝と日中との気温の差が20度近くになる見込みです。明日10日は、朝は寒いですが、昼間は暑くなりますので、外出の際は薄着になれる服装がいいでしょう。

来週にかけて高温傾向へ 天気による気温の変動に気をつけて

画像B

明日10日に暖かい空気に入れ替わったあとは、高温傾向が続く見込みです。今回の連休明けのような寒の戻りはなく、関西では、気温は平年並みか平年より高い日が続くでしょう。ただ、天気による気温の変動がありそうです。晴れる日の日中は暑く、朝晩との気温の差も大きくなるでしょう。雨が予想される13日を中心に日中の気温は上がりにくくなりますが、人の多い場所では動くと蒸し暑く感じられるかもしれません。まだしばらくは、服装選びがむずかしくなりそうです。天気予報をこまめに確認するようにしてください。