メイン画像

明日8日・9日は上空に強い寒気が流れ込み、西日本や東日本を中心に大気の状態が不安定。晴れても突然の雨や落雷、竜巻などの突風、ひょうに注意が必要です。また、明日8日はさらに気温降下。北海道はすでに利尻空港で雪となり、明日8日にかけて平地も積雪する恐れがあります。

明日8日~9日は変わりやすい天気 関東も雷雨に注意

画像A

明日8日(水)から明後日9日(木)にかけて、日本の上空にこの時期としては強い寒気が流れ込むでしょう。西日本や東日本を中心に大気の状態が不安定となりそうです。明日8日(水)は日本海側は午前中から断続的に雨が降るでしょう。局地的には雷を伴ってザっと雨の降り方が強まりそうです。

また、太平洋側は朝は晴れる所が多いものの、午後は変わりやすい天気に注意が必要です。急に空が暗くなってきたら、急な強い雨や落雷、竜巻などの突風、ひょうが降る恐れがあります。屋外の活動は空の変化に注意し、急に冷たい風が吹いたり、ゴロゴロと雷の鳴る音が聞こえたら、早めに頑丈な建物に移動するよう心掛けてください。

また、明日8日(水)は、日本海側ほど今日よりさらに気温が上がりにくく、最高気温は平年を下回るでしょう。北陸から北は15℃以下となるため、昼間でも暖かい上着やジャケットが必要なくらいです。

太平洋側は昼頃まで比較的過ごしやすい所も、雨が降ると一気に気温が下がるでしょう。夜は羽織るものが欠かせないくらいヒンヤリしますので、軽めのコートなどがあると良さそうです。

9日(木)は西から天気は回復しますが、関東はまだ大気の不安定な状態が続く見込みです。午前中から急に強まる雨や落雷、突風などに十分な注意が必要です。

北海道で雪 明日8日にかけて平地で積雪の恐れ

画像B

低気圧が通過中の北海道地方には、寒気が流れ込み始めています。
すでに今日7日(火)午後1時には、稚内空港で雪がまじりはじめ、午後2時には利尻空港で雪となっています。

明日8日(水)にかけて、北海道地方には上空1500メートル付近で、マイナス3℃以下の4月中旬並みの寒気が流れ込む見込みです。

北海道の日本海側北部やオホーツク海側を中心に、今夜はさらに雪のエリアが広がるでしょう。明日8日(水)の昼頃にかけては平地でも断続的に雪が降り、積雪となる恐れがあります。峠道を車で運転する際はもちろん、平坦な場所でも、積雪や路面凍結による交通の影響に十分ご注意ください。
5月の連休明けという時期ですが、車は必ず冬用のタイヤを装備して、寒さ対策をしっかりとなさってください。

GW疲れ残る中、今後の寒暖差に注意

画像C

10日(金)は全国的に安定した晴れの天気となるでしょう。週末にかけて晴れの天気が続き、全国的に気温が上がります。
11日(土)が暑さのピークとなり、沖縄、九州から北海道にかけての広い範囲で25℃以上の夏日となるでしょう。また、関東の内陸部など30℃以上の真夏日になる所もある見込みです。ゴールデンウィークが明けたばかりで、急に涼しくなったり、暑くなったりと、寒暖差が体に堪えるでしょう。
暑さに弱いお年寄りや小さな子供にはいつも以上に声をかけるなど、急な暑さにご注意ください。

週明けは広い範囲で雨が降りそうです。来週は沖縄地方でも、雨や曇りの天気が続き、そろそろ梅雨入りのタイミングとなりそうです。