メイン画像

ゴールデンウイーク明けの今日7日は、関東では朝からあまり気温が上がらない予想です。日中は風が強まるので、体感温度が更に低くなるかもしれません。薄着では寒いくらいなので、傘と羽織る物が欠かせないでしょう。

GW明けの関東に雨雲 昼間も雨で空気ヒンヤリ

画像A

ゴールデンウイーク明けの今日7日は、前線の影響で、関東には朝から雨雲がかかっています。午前7時の気温は東京都心で19.5℃と5月下旬並みで、朝の気温としては高めです。ただ、今日はここから気温がほとんど上がらない予想です。

東京都心の予報では、朝から夜まで気温がほぼ20℃くらいで推移するでしょう。予想最高気温は21℃ですが、これは夜遅くなって雨が止むころに観測されそうです。

昼間は雨に加えて、風も強まってくるでしょう。南風ですがあまり暖かさはなく、体感的には少し冷たく感じられるかもしれません。

今日7日は何を着て行く? 関東の服装指数

画像B

関東の今日7日の服装指数を見ると、各地で50~60となっています。

服装指数50は「薄手のジャケットを羽織る」くらい、60は「長袖シャツにカットソーで快適に過ごせる」くらいの目安です。

朝からほとんど気温が変わらないので、脱ぎ着する必要はありませんが、昼間も長袖の羽織る物がないと寒いくらいです。雨と風で体が濡れてしまうことも考えられます。タオルを持ち歩いたり、レインコートで出かけるなど、体を冷やさないよう心がけてください。

※服装指数は、朝晩や日中の予想気温からどんな服装が適しているか提案します。お出かけする時間帯に合わせて調節できる服装にしましょう。人により暑さや寒さの感じ方が異なるため、あくまで目安とお考えください。

明後日9日は更に肌寒く 週末は再び夏日続出

画像C

関東では、明日8日は少し気温が上がりますが、明後日9日は再び冷たい空気に包まれるでしょう。今日7日以上に肌寒くなる所もある見込みです。軽めの上着などはまだ片付けない方がよさそうです。

ただ、10日は気温が急上昇して、最高気温が25℃以上の「夏日」が続出するでしょう。週末(11日~12日)にかけても気温の高い状態が続く見込みです。

この先は1週間は、気温の変化が激しくなるので、服装選びや体調管理には十分ご注意ください。