メイン画像

連休明けの明日7日(火)、朝の通勤・通学の時間帯は、近畿~北海道で本降りの雨。東海では、警報級の大雨の恐れ。関東では沿岸部を中心に風が強く、横殴りの雨に注意が必要です。

寒冷前線が本州を通過

画像A

前線を伴った低気圧が北日本へ進み、そこからのびる寒冷前線が本州付近を通過する見込みです。

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、近畿~北海道にかけて広い範囲で本降りの雨となるでしょう。

連休明け 朝の通勤・通学時間帯 東海で警報級の大雨の恐れ

画像B

朝の通勤・通学の時間帯は、東海を中心に雨雲が発達し、局地的に1時間に40ミリ以上の激しい雨が降るでしょう。雨雲が予想より発達し、停滞した場合は、警報級の大雨となる可能性があります。アンダーパスなど低い土地の浸水や、道路が冠水、川の増水などに注意が必要です。時間には余裕をもって行動しましょう。

近畿は昼前まで雨、東海は昼過ぎまで雨が降るでしょう。

関東は沿岸部を中心に南風が強まり、横殴りの雨の所もあるでしょう。7日(火)日中いっぱい本降りの雨と強い風に注意が必要です。大きくてしっかりとした傘でお出かけ下さい。夜は次第に雨は止み、強い風も収まる見込みです。

北陸や東北、北海道は、断続的に雨となり、本降りの時間帯もありそうです。

一方、九州や中国・四国の雨は朝までに止み、日中は晴れ間が広がるでしょう。ただ、雨の後は、上空にこの時期としては強い寒気が流れ込むため大気の状態が不安定となります。山陰など日本海側を中心に、天気の急変にご注意下さい。

夏日・真夏日地点グッと少なく 東京都心も上着が必要

画像C

今年のゴールデンウィークは、5月5日(日:こどもの日)が暑さのピークで、真夏日(最高気温30℃以上)地点は116地点と、今年初めて100地点を超えました。真夏日地点は、今日6日(月:振替休日)は9地点とグッと減り、明日7日(火)は0地点の予想です。

明日7日(火)の最高気温は、日差しが出る西日本では、鹿児島や高知などで25℃以上の夏日の所がありますが、関東などでは20℃を少し超える程度。沿岸部を中心に風が強く吹くため、羽織る物がないとヒンヤリ感じられそうです。

9日(木)にかけて、上空の寒気の影響で全国的に天気の急変と気温急降下にご注意下さい。週末は再び、夏日続出、真夏日の所もありそうです。

日々の気温差が大きくなるため、重ね着など服装でうまく調節しましょう。