メイン画像

ゴールデンウィーク最終日の明日6日(月)は、西日本を中心に大雨となるでしょう。交通機関が乱れる可能性があり、Uターンラッシュの足に影響が出るかもしれません。連休明けの7日(火)は関東でも雨が降るでしょう。今週は気温の変化も大きくなりますので、体調管理に注意が必要です。

1週目(6日~12日)GW最終日は西日本で大雨 連休明け7日は関東も雨

画像A

ゴールデンウィーク最終日の6日(月)は、東海から九州を中心に雨が降り、大雨となる所もありそうです。連休明けは9日(木)ごろにかけて、北海道から関東を中心にスッキリしない天気が続きそうです。気温の変化も大きい1週間となるでしょう。では、詳しく見てきます。

明日6日(月)は、低気圧が日本海を進み、この低気圧から延びる寒冷前線が九州から東海地方を通過するでしょう。このため、九州では、今日5日(日)夜から降り出した雨が、昼ごろにかけて降り、雷雨や非常に激しい雨の降る所もありそうです。中国地方や四国、近畿も日中は雨が降り続き、局地的に傘をさしていても濡れるくらいの激しい雨が降るでしょう。連休でお出かけされていた方は、交通機関に乱れが出る可能性もありますので、ご注意ください。東海も午後になると雨が降り出すでしょう。関東は午前中は晴れ間がありますが、次第に雲が多くなりそうです。北陸や東北は雲の多い一日となるでしょう。北海道は温暖前線がかかり、日本海側を中心に雨で、降り方が強まる所もありそうです。

連休明けの7日(火)は、前線が近畿から関東や東北、北海道を通過し、雨が降るでしょう。特に東海や関東は朝の通勤や通学の時間に雨のピークとなり、雨や風が強まりそうです。時間に余裕をもってお出かけください。

8日(水)から9日(木)にかけても北海道から関東は気圧の谷が続くでしょう。曇りや雨の所が多く、スッキリしない空模様となりそうです。東海から九州にかけては、晴れ間の出る所が多くなるでしょう。

10日(金)になると日本付近は高気圧に覆われて、全国的に晴れる見込みです。11日(土)も引き続き高気圧に覆われて、広い範囲で晴れるでしょう。

12日(日)は、気圧の谷が通過するため、東海から九州は雨が降るでしょう。雨マークのついていない北海道や東北は日本海側を中心に雨の降る所があり、関東も夜に、にわか雨がありそうです。

最高気温は、6日(月)は、仙台と東京で25℃以上と季節外れの暑さが続きそうです。名古屋や大阪、福岡は22℃から24℃と雨で気温の上昇は抑えられるでしょう。7日(火)は仙台から福岡で23℃くらいの予想です。8日(水)と9日(木)は、20℃に届かない所も多くなり、昼間でも少しヒンヤリ感じるかもしれません。10日(金)以降は、再び気温は上昇し、25℃前後と暑くなるでしょう。気温の変化の大きい1週間となりそうです。長い休みの後でもあります。服装で上手に調節して体調を崩さないようにしてください。

2週目(13日~18日)暑い日が続く 熱中症に注意 沖縄は梅雨入り?

画像B

期間後半になると、高気圧に覆われて晴れる日が多くなりますが、周期的に気圧の谷が通過する見込みです。

今の予想では、気圧の谷が本州付近を通過するのは、13日(月)と16日(木)、18日(土)となっていて、18日(土)が一番、降る時間が長く、雨が強まる可能性があります。

那覇を見ると傘マークが連日ついています。前線が南西諸島付近に停滞するようになるでしょう。この前線は梅雨前線で、沖縄地方や奄美地方では、「梅雨入り」の発表があるかもしれません。雨の季節入りますので、今のうちに雨戸や側溝の清掃などをして備えておくとよいでしょう。

最高気温は、東京から福岡にかけては、25℃以上の日が多くなるでしょう。30℃に迫るような極端な暑さはありませんが、少し動けば汗ばむような陽気が続きそうです。熱中症にはご注意ください。那覇は30℃近くまで上がり、湿度も高いため蒸し暑いでしょう。仙台は23℃から24℃くらい、札幌は20℃くらいの日が多くなる予想です。