メイン画像

ゴールデンウィーク最終日の6日(月)から9日(木)にかけては、雨の降る所が多く、スッキリしない天気となるでしょう。最高気温も大幅に下回る所もあり、日々の気温の変化も大きい予想です。体調管理にご注意ください。

9日にかけてスッキリしない天気

画像A

ゴールデンウィーク最終日の6日(月)から9日(木)にかけては、前線や低気圧が日本付近をゆっくりと通過する見込みです。

そのため6日(月)から9日(木)にかけては、雨の降る所が多くなるでしょう。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態は不安定になり、雨脚の強まる所や雷雨となる所もありそうです。

10日(金)になると低気圧や前線は日本の東に離れ、本州付近は高気圧に覆われるでしょう。全国的に晴れそうです。11日(土)も引き続き高気圧に覆われて、晴れの天気が続くでしょう。

気温はアップダウンが大きい1週間

最高気温に目を向けてみると、6日(月)までは、平年を上回り、夏を思わる暑さの所もあるでしょう。7日(火)になると平年並みに戻る所が多く、東北から九州にかけては23℃から24℃くらいの予想です。

8日(水)や9日(木)になると、平年並みか低くなるでしょう。大阪や福岡では20℃に届かない日もあり、昼間も羽織るものがあると良いくらいとなりそうです。東京も9日(木)は20℃の予想です。

10日(金)と11日(土)になると再び暑くなるでしょう。25℃くらいまで上がる所が多く、11日(土)は札幌と仙台で24℃予想と夏日に迫る予想です。気温の変化が大きい1週間となりますので、服装で上手に調節して体調を崩さないようにしてください。

暑くなる前から始めよう 熱中症予防

画像C

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

① 暑くなり始めの頃から、暑さに備えて体づくりを行いましょう。「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる運動を、毎日30分程度行い、体を暑さに慣れさせてください。
② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。
③ 暑さを我慢せず、エアコンを使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、こまめに室温を確認しながら調節するとよいでしょう。なお、感染症対策として換気を行う場合は、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気後、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。