メイン画像

今日3日(憲法記念日)は広い範囲で晴れて、気温が上昇。朝晩と日中との気温差は、15℃以上になる所も。屋外のレジャーなどでは、万全の紫外線対策を。

沖縄や九州は局地的に雨 北海道では雪の所も

画像A

今日3日(憲法記念日)は広い範囲で晴れて、お出かけ日和となるでしょう。午前5時現在の雲画像を見ると、本州付近は雲がほとんどないエリアで、すっきりと晴れています。四国や中国地方から東北にかけては、日中は日差しがたっぷりで、カラッとした陽気の所が多くなるでしょう。

九州も晴れますが、湿った空気の影響で、午後は南部の一部で雨が降りそうです。沖縄は、雨が降っている所も次第にやむでしょう。日中は雲が多めながらも、晴れ間が出る見込みです。

北海道は、気圧の谷や寒気の影響で、局地的に雨が降りそうです。オホーツク海側を中心に、急な雨や雷雨にご注意ください。大雪山系では、雪になる所もあるでしょう。

朝晩と日中との気温差に注意

晴れる地域では、朝晩と日中との気温差が大きくなるでしょう。服装でうまく調節してください。

最高気温は、九州から東北では25℃前後まで上がる所が多いでしょう。福岡や仙台は昨日2日より5℃以上高く、夏日になりそうです。比較的カラッとした暑さですが、こまめに水分をとるなど熱中症にご注意ください。

北海道は太平洋側で、前日より大幅に高くなりそうです。釧路では18℃まで上がるなど、6月下旬から7月上旬並みの所もあるでしょう。

昼間は汗ばむほどの陽気でも、朝晩は内陸ほど気温差が下がります。一日の中での気温差が15℃以上になる所もあるでしょう。脱ぎ着のしやすい服装でお出かけください。

紫外線 東京など「非常に強い」

画像C

今日3日(憲法記念日)は、たっぷりの日差しとともに、紫外線も強まります。紫外線指数は、沖縄や福岡、東京などで「非常に強い」となっています。新潟や仙台、釧路は「強い」で、紫外線対策が必要なレベルです。短い時間の外出でも油断できません。

紫外線は反射する性質がありますが、反射率は地表面の種類によって、大きく変わり、砂浜・水面は10~20%、コンクリート・アスファルトは10%、草地・芝生・土面は10%以下です。体に浴びる紫外線は、太陽から直接届く紫外線だけでなく、反射した紫外線も加わります。

まだ、標高が1000メートル上昇するたびに、紫外線量は10~12%増加します。山に出かける場合は、思わぬ日焼けをしないよう、日焼け止めをしっかり塗るなど、対策を心がけてください。

※紫外線指数(UVインデックス)は、人体に影響を与えうる有害紫外線量を5ランクで表しています。「やや強い」レベル以上が予想される場合は、紫外線対策が推奨されています。