エド・シーラン、『X』発売10周年を記念してNY公演開催&ボーナス・トラック入り記念盤リリース

 エド・シーランが、2ndアルバム『X(マルティプライ)』の10周年記念に全力を尽くしているようだ。リリースから10年後、シーランは6月21日に『X(マルティプライ)テンス・アニバーサリー・エディション』をリリースする。このアルバムは、12曲入りのオリジナルの拡張版で、アナログ初収録のボーナス・トラックが9曲が含まれている。

 さらに、シーランは現地時間5月22日に米ニューヨーク・ブルックリンのバークレイズ・センターで、2015年にリリースした24曲入りの『X(マルティプライ)ウェンブリー・エディション』にちなんだセットリストで1回限りの特別公演を行う。プレス・リリースによると、彼はファンがチケットを手に入れることを保証するために、Seatedと提携し、ファン限定の販売を行う。チケットを購入するための登録は、現地時間5月2日23時59分まで受け付けられている。多くの申込が予想されるため、先行販売はランダムに選ばれた一部のファンに限定され、1人につき1回の申込のみが許可される。登録したファンは、東部標準時5月5日正午までに、Ticketmasterでチケットを2枚まで購入できるユニークな1回限りのコードがメールまたはテキスト・メッセージで通知される。

 コードの取得はチケットの購入を保証するものではない。チケットの一般発売は米東部標準時5月6日の午前10時より、先着順で行われる。そのチケット発売の背景として、シーランのチームは、直近にニューヨークのメットライフ・スタジアムで開催された2公演で173,390人を動員したのに対して、バークレイズ・センター公演のチケットは12,000枚しかないことを挙げている。

 「ドント」「シング」「フォトグラフ」「シンキング・アウト・ラウド」といったヒット曲を生み出し、全世界で2,200万枚のセールスを記録したシーランの2ndアルバムは、彼を世界的スーパースターに押し上げた。そのボーナス・トラックには、「テイク・イット・バック」「シャツスリーブス」「イーヴン・マイ・ダッド・ダズ・サムタイムス」「アイ・シー・ファイア(映画『ホビット 竜に奪われた王国』より)」「オール・オブ・ザ・スターズ(映画『きっと、星のせいじゃない。』より)」「イングリッシュ・ローズ」「タッチ・アンド・ゴー」「ニューヨーク」「メイク・イット・レイン」が含まれている。