メイン画像

ゴールデンウィーク後半、九州は数日の周期で天気が変化するでしょう。3日(金)・憲法記念日から5日(日)・こどもの日は晴れて、夏日になる所が多く汗ばむ暑さになるでしょう。6日(月)・振替休日は、前線の通過で一時雨や風が強まる見込みです。おでかけの計画はこまめに最新の気象情報を確認しましょう。

明日1日は前線北上で雨

画像A

明日5月1日は、九州の南海上にある前線が種子島・屋久島付近まで北上し、低気圧が通過する見込みです。
このため、九州は昼前後にかけて雨が降り、九州南部を中心にまとまった雨量になるでしょう。日中の最高気温は、雨の影響で今日30日より低く、20度を下回る所もありそうです。ひんやりとしますので、服装にお気をつけ下さい。
また、沿岸海上は北から北東の風がやや強く、対馬海峡沿岸は次第に波が高くなりますのでご注意下さい。

2日から晴れて気温上昇 6日はやや荒天

画像B

2日(木)は前線が南海上へ南下し、移動性高気圧が覆ってくるため、九州北部から日差しが戻り、すがすがしい陽気になるでしょう。3日(金)・憲法記念日から4日(土)・みどりの日は高気圧に覆われて晴れる所が多いですが、九州南部は湿った東風の影響でやや雲が広がりやすくにわか雨が降る所もありそうです。5日(日)・こどもの日は各地とも晴れますが、高気圧が次第に東へ移るため、天気はゆっくりと下り坂に向かいます。そして、6日(月)・振替休日は、日本海に進む低気圧からのびる前線が九州を通過するため、一時雨や風が強まる見込みです。

ゴールデンウィーク後半は、天気が数日の周期で変わり、3日(金)・憲法記念日から5日(日)・こどもの日は夏日が続出し、汗ばむ暑さになりそうです。半袖が活躍するでしょう。おでかけの際は暑さや紫外線対策が必要です。また、連休最終日の6日(月)はやや荒れた天気になりますので、行楽地からのUターンなどの際は最新の気象情報をご確認下さい。