メイン画像

ゴールデンウィーク後半はお出かけ日和の日が多く、全国のアメダスの約半数で夏日予想も。6日(月:振替休日)は西から雨の範囲が広がり、7日(火)にかけて荒れた天気になるおそれ。

5月1日(水)~7日(火) 連休最終日は荒天か

画像A

明日5月1日(水)は、沖縄付近から南の海上にのびる前線上を低気圧が進むでしょう。前線に近い沖縄は、昼過ぎから激しい雨の降る所がありそうです。九州から近畿は太平洋側を中心に雨が降りやすく、関東は昼頃から雨が降るでしょう。

2日(木)は天気が回復して、5日(日:こどもの日)にかけては、晴れる所が多いでしょう。お出かけ日和が続きそうです。ただ、3日(金:憲法記念日)は、北海道の北を低気圧が通過する予想で、所々で雨が降るでしょう。寒気が流れ込むため、北海道の標高の高い所では雪になる所もありそうです。

6日(月:振替休日)から7日(火)にかけては、低気圧が日本海を進み、前線が本州付近を通過するでしょう。西から雨の範囲が広がり、風も強まりそうです。まだ予報には幅がありますが、日本海側を中心に荒れた天気になる可能性もあります。最新の情報を確認してください。

気温は、平年より高い日が多いですが、日ごとの気温差に注意が必要です。明日の1日(水)の最高気温は、九州から東北では18℃前後の所が多く、日中も上着が必要でしょう。その後、ゴールデンウィーク後半は一転して汗ばむ陽気に。4日(土:みどりの日)と5日(日:こどもの日)は、全国のアメダスの約半数の地点で、最高気温25℃以上の夏日となるでしょう。熱中症対策をして、お過ごしください。

5月8日(水)~13日(月) 短い周期て天気が変わる

画像B

8日(水)も雨の降る所が多いですが、沖縄や九州は晴れるでしょう。9日(木)は天気が回復に向かい、10日(金)と11日(土)は全国的に晴れる見込みです。12日(日)は沖縄や九州で雨が降り、13日(月)は各地で雲が増えて、雨の範囲が広がるでしょう。

最低気温、最高気温ともに、平年並みか高い日が多いでしょう。10日(金)以降、日中は気温がグンと上がり、暑くなりそうです。晴れる日ほど、朝晩と日中との気温差が大きいため、服装でうまく調節をしてください。