レディオヘッド、「Creep」MVがYouTube10億再生突破

 レディオヘッドによる1992年の名曲「Creep」のミュージック・ビデオのYouTubeでの再生数が10億回を突破し、自身初のビリオン・クラブ入りを果たした。

 シンプルながら効果的なMVでは、トム・ヨーク、コリンとジョニー・グリーンウッド兄弟、エド・オブライエン、フィリップ・セルウェイで構成されるバンドが、ムーディーで薄暗い照明の中、周りに溶け込みたいという想いを歌ったアンセムをステージ上で演奏する姿を捉えている。

 1992年にリリースされたレディオヘッドのデビュー・アルバム『パブロ・ハニー』に収録されたこの曲は、米サンフランシスコの大学のラジオ局の音楽ディレクターが、バークレーのレコード・ショップで見つけ、プレイリストに加えたことでアメリカにてアンダーグラウンド・ヒットとなった。それ以来、故プリンス、オリヴィア・ロドリゴ、ケリー・クラークソン、リゾからジム・キャリー、モービー、ウィーザーなど、数え切れないほどのアーティストがこの曲にそれぞれのアレンジを加え、カバーしている。

 米ビルボード・チャートでは、オルタナティブ・エアプレイ・チャート“Alternative Airplay”で2位、ロック&オルタナティブ・ソング・チャート“Hot Rock and Alternative Songs”で6位となり、トップ10入りを果たした。また、ソング・チャート“Hot 100”では最高34位をマークした。