メイン画像

前線の影響で、沖縄・奄美では今日26日に激しい雨を観測しました。明日27日にかけて土砂災害などに十分注意が必要です。午後は九州や四国でも雨が降り、明日は近畿から関東でも雨の降る時間がありそうです。

沖縄・奄美で「激しい雨」を観測 27日にかけて土砂災害などに注意

今日(26日)は前線の影響で、沖縄や奄美地方で1時間に30ミリ以上の激しい雨が降りました。那覇市では、午前6時19分までの1時間に40.5ミリの雨を観測しました。また、明け方から朝にかけて、鹿児島県の与論島では1時間に36.0ミリ、那覇空港では1時間に32.5ミリと、それぞれ激しい雨を観測しています。

前線はこの先しばらく南西諸島付近に停滞する見通しで、沖縄や奄美地方では、特に明日(27日)にかけて大気の状態が不安定となり、局地的に激しい雨が降るでしょう。雨雲の発達の程度によっては警報級の大雨となるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意してください。

午後は九州・四国でも雨

前線に伴う雨は九州にもかかりはじめています。午後は前線や前線上の低気圧の影響で、雨の範囲が広がりそうです。九州は午後は所々で雨が降るでしょう。四国や紀伊半島でも、夜になると雨の降る所がありそうです。
明日(27日)は九州から関東にかけて雨が降り、南部沿岸ほど雨が降りやすいでしょう。