テイラー・スウィフト、最新作『TTPD』がSpotifyにて1週間で10億再生を突破した初のアルバムに

 テイラー・スウィフトの最新作『ザ・トーチャード・ポエッツ・デパートメント』(TTPD)が、Spotify史上初めて1週間で10億ストリーミングを突破したアルバムとなり、しかも5日間で達成した。

 ポスト・マローンをフィーチャーしたリード・シングル「Fortnight」を含む16曲の新曲を収めた、テイラーによる11枚目のスタジオ・アルバムは、現地時間2024年4月19日の午前0時に解禁された。このちょうど2時間後、アルバムのアンソロジー・エクステンデッド・エディションとして、さらに15曲がサプライズ・リリースされた。そして『TTPD』の全31曲は、Spotifyにてアルバムとして史上最速で10億回以上ストリーミングされた。

 これはテイラーがここ数日間にニュー・アルバムで打ち立てた最新の記録に過ぎない。『TTPD』は先日、配信開始から24時間で3億回以上のストリーミングを記録し、Spotifyで1日に最も再生されたアルバムとなった。同様に、「Fortnight」は、同プラットフォームにおける楽曲として、1日での最多ストリーミング数の新たな記録を打ち立てた。

 さらに、『TTPD』は、Apple Music史上最多となる初日ストリーミング数をマークしたポップ・アルバムにもなった。また、発売から4日間で80万枚のアナログ盤を売り上げた『TTPD』で、テイラーは自身の記録を更新し、『1989(テイラーズ・ヴァージョン)』で打ち立てた初週売上69万3,000枚を上回る、アナログ盤アルバムとして現代における最高週間売上を記録した。

 テイラーは、最新作のリリースと同時に「著者の人生におけるこの期間はもう終わり、その章は閉じられ、封印されました」とインスタグラムに綴り、「傷が癒えてしまえば、復讐することも、決着をつけることもありません。そしてよく考えてみると、その傷の多くは自分でつけたものでした。この著者は、我々の涙は紙の上のインクという形で神聖なものになると強く確信しています。最も悲しい物語を語り終えれば、我々はそこから解放されるのです」と続けていた。