スパイス・ガールズ、ヴィクトリア・ベッカムの50歳の誕生日パーティで再集結し即興パフォーマンスを披露

 スパイス・ガールズが、現地時間4月20日に行われたヴィクトリア・ベッカムの50歳の誕生日パーティで即興パフォーマンスを披露した。

 ベッカム、ジェリ・ハリウェル=ホーナー、エマ・バントン、メラニー・“メル・C”・チズム、メラニー・“メル・B”・ブラウンからなる1990年代の伝説的なガールズ・グループの5人全員が、英ロンドンのプライベート・クラブ、Oswald’sで開催されたパーティで1997年リリースされた楽曲「Stop」に合わせて短いダンスをパフォーマンスした。

 このサプライズは、ヴィクトリアの夫であるデヴィッド・ベッカムによって映像に収められた。引退したサッカー界のスターは、インスタグラムでこの映像に「これはまさか」とキャプションを添えた。

 ポッシュ・スパイスとしてグループで活動していたヴィクトリア・ベッカムもインスタグラムで映像をシェアし、「今まで最高の夜!自分に誕生日おめでとう!みんな、本当に大好き!」とキャプションを添え、#SpiceUpYourLifeのハッシュタグを付け加えた。

 スケアリー・スパイスことメル・Bは、自身のインスタグラム・ストーリーにこのクリップをリポストし、「昨夜のこと」と書き込み、ハッシュタグ#tourdatescomingsoonを付けた。

 スパイス・ガールズは1994年に結成され、2年後の1996年にデビュー・シングル「Wannabe」で世界的な現象を巻き起こした。このキャッチーな楽曲は、1997年初めに米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で4週首位を獲得し、グループがイギリス・チャートの首位に送り込んだ9曲のうちの1曲となった。彼女たちのデビュー・アルバム『スパイス』は、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で5週首位を獲得し、オフィシャル・イギリス・アルバム・チャートでは15週間1位をキープした。また、次作『スパイスワールド』は1997年にイギリスで3週間1位を記録した。

 グループは2000年に活動休止に入り、2007年、そして2018から2019年にかけてに世界ツアーのため活動を再開したが、ベッカムは10年以上グループ活動に参加していない。5人全員でパフォーマンスしたのは、【2012年ロンドンオリンピック】の閉会式が最後だった。

 1月上旬、メル・Bは5人が30年のエンパワーメントを記念して、今年また再集結を計画していると予告していた。彼女は米情報番組『TODAY with Hoda & Jenna』で「私はずっと言い続けてきました。でも、あと数週間で、私たち5人全員に関する本当に良いニュースが発表されます」と話し、「そしてあまり多くは語れないですが、ずっと贈り続けられるギフトになるでしょう。(これ以上話すと)自分自身をとても面倒なことに巻き込みそうです」と続けていた。