メイン画像

スギ・ヒノキ花粉シーズンは終盤を迎えていますが、20日(土)の花粉の飛散は東北や関東、四国で「やや多い」、東海で「多い」レベルとなるでしょう。まだ対策を。本格的な飛散は、長い所でも4月下旬までとなる見込みです。

スギ・ヒノキ花粉シーズンは終盤も「多い」や「やや多い」飛散も

スギ・ヒノキ花粉シーズンは終盤を迎えていますが、20日(土)の花粉の飛散は東北や関東、四国で「やや多い」、東海で「多い」レベルとなるでしょう。花粉症の方はマスクなどで対策をしておくと安心です。ただ、20日(土)は関東や東海で汗ばむくらいの陽気となります。マスクをしてると熱がこもりやすくなりますので、こまめに水分をとるなど暑さ対策をなさってください。

21日(日)は曇りや雨で、広く「少ない」飛散となる見込みです。22日(月)以降は東北や四国で「やや多い」、東海で「多い」飛散となる日があるでしょう。

スギ・ヒノキ花粉シーズンまもなく終了 対策いつまで?

画像B

1平方センチメートルあたり10個以上のやや多い花粉を観測するような本格的な飛散は、九州はすでに終了し、中国・近畿・北陸と、関東甲信の広い範囲でもまもなく終了するでしょう。一方、四国や東海、関東甲信の一部から東北にかけては、4月中旬も花粉が非常に多く観測されている地点があり、この先4月下旬まで本格的な飛散が続く見込みです。

また、本格的な飛散が終了しても、5月上旬ごろまでは各地で花粉がわずかに飛ぶ日がある見込みです。とくに、風が強い日などは飛散量が増えやすいので、花粉に敏感な方は対策を行ってください。