野田洋次郎、ソロ名義での初のオリジナルアルバム今秋リリース決定

 野田洋次郎(RADWIMPS)が、ソロ名義として初のオリジナルアルバムを今秋にリリースすることを発表した。

 4月14日に神奈川・ぴあアリーナMMで行われたRADWIMPSのアジアツアー日本公演の終演後に突如フライヤーが配布され、野田がソロ名義でのアルバムを制作していることが明らかになった。

 アルバムタイトルは『WONDER BOY'S AKUMU CLUB』。先日配信リリースになったラッパー・kZmをフィーチャリングに迎えた「EVERGREEN feat.kZm」を含め、自由にゆるやかに制作した“私小説”的な全13曲が収録されているとのこと。詳細は後日発表される。

 また、5月10日にはDJ・プロデューサーのKMがリミックスした「EVERGREEN feat.kZm (KM Remix)」を収録した7インチアナログ盤のリリースも決定している。

◎野田洋次郎 コメント
[野田洋次郎、Yojiro Noda]名義ではじめてのオリジナルアルバムをリリースします。

RADWIMPS の一員として15歳からバンドをやり、なんの因果かこんなところまで来ました。その間にillionという名義でも活動したり。

RADWIMPS という母体は永遠に僕の中で核として有り続けるという前提で、だーれの声も眼も気にせず音と戯れ、今だからできる音楽のアプローチで音の海を泳いでみたいと思ったのでした。

どんな名義でもその時々の音楽的挑戦と言葉を探究することになんら変わりはないのですがラッドでは幸せなことに映画など他の作品との濃密な掛け算、コラボレーションから曲を作ることも増えてきた中「今、たった一人でぽつんと海に出たら俺は果たしてどんな泳ぎ方をするんだっけ?」というような感覚になりました(あと他の作品との掛け合わせもないことで、どんなひどい曲を作って失敗したとしても誰にも迷惑がかからない、とも思ったり)。

というわけでこの 2 年間ほど、空いた時間に時にふわっとゆるやかに、時にガッツリと、あーだこーだと夢中になりながら、たまにもがき、たまーに辞めてしまいそうになりながら出来上がった13曲。気づけば歌詞は極めて私小説的なものになりました。これはさすがに[野田洋次郎]として出さないわけにはいかないな、と相成りました。

たのしかった。なんかそんなつもりなかったのにめちゃくちゃいいアルバムできた気がします。無性に、自由に、聞いてほしい。たのしみにしていてもらえたら嬉しいです。

最後に野田洋次郎名義ながら結局何曲かに参加してもらった桑原と武田、そしてこのアルバムを作る入り口をくれたHOLLYに感謝します。


◎リリース情報
アルバム『WONDER BOY'S AKUMU CLUB』
2024年秋リリース

シングル『EVERGREEN feat.kZm』
2024/5/10 RELEASE
<7インチレコード>
UPKH-20001 2,500 円(tax in.)