メイン画像

今日16日(火)は、西日本を中心に雨雲が発達。広範囲に黄砂飛来か。最高気温は前日より低い所が多く、真夏日・夏日地点は減少する見込み。

日本海側を中心に雨雲発達

今日16日(火)は、高気圧が次第に東へ離れ、上空に寒気を伴った気圧の谷の影響を受けるでしょう。明日17日(水)にかけて、西日本から東日本の上空約5500メートルにマイナス15℃以下の寒気が流れ込む予想です。一方、地上付近には暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。

上の図は発雷確率(高いほど雷が発生しやすい)です。今日16日(火)の午後は山陰から北陸を中心に、発雷確率が高くなっています。発達した積乱雲の下では、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうが降るおそれもあり、空模様の変化に注意が必要です。

天気の急変に注意

画像B

今日16日(火)の各地の天気です。

沖縄は天気が回復して、日差しが届くでしょう。

九州は晴れ間が出ますが、所々でにわか雨や雷雨がありそうです。四国や中国地方、近畿、東海、北陸は、朝晩を中心に雨が降りやすいでしょう。雷を伴ってザッと強く降る所もありそうです。晴れていても、雷の音が聞こえるなどしたら、安全な建物の中に移動してください。

関東甲信は、雲が多めながらも晴れ間が出るでしょう。内陸の山沿いを中心に、にわか雨の所がありそうです。

東北は昼前後を中心に晴れますが、変わりやすい天気でしょう。夕方以降は、一時的に雨が降りそうです。北海道は、夕方にかけて広く晴れるでしょう。夜は南西部で雨の降る所がありそうです。

前日より気温ダウン 平年よりは高い

画像C

最高気温が25℃以上の夏日地点は前日より少なくなり、北陸から北海道の暑さは和らぐでしょう。

今日16日(火)の最高気温は、沖縄では28℃くらいの所が多くなりそうです。ムシッとした暑さでしょう。九州から近畿は、23℃前後の所が多い見込みです。25℃以上の夏日の所もあるため、体調管理にご注意ください。

東海から北海道は、昨日15日(月)より大幅に低い所もあり、極端な暑さは収まるでしょう。それでも、20℃を超える所がほとんどで、この時期としては気温が高くなりそうです。

東京都心は22℃と、昼間は上着なしで過ごせるくらいでしょう。金沢は26℃と、夏日になりそうです。新潟は20℃の予想。昨日15日(月)は半袖で過ごした方も、上着をもってお出かけください。

今夜から黄砂飛来

画像D

今日16日(火)の夜には、西日本を中心に黄砂が飛来するでしょう。明日17日(水)は、西日本から北日本の広い範囲で黄砂による影響が出そうです。

呼吸器や循環器に疾患のある方、小児、高齢者の方などは体調に応じて、より慎重に行動することが大切です。洗濯物や布団は、できるだけ室内に干しましょう。また、マスク(不織布マスク等)を着用することで、ある程度の予防効果が期待できます。マスクを着用する場合には顔の大きさに合ったものを選び、空気が漏れないようにしましょう。