メイン画像

この先、天気は短い周期で変わるでしょう。高温傾向が続き、20日(土)頃までは夏日(最高気温25℃以上)地点が続出しそうです。また、17日(水)から18日(木)頃は広く「黄砂」が飛来する予想です。

天気は短い周期で変化 高温傾向が続く

16日(火)は、九州は晴れ間がでますが、所々で雨や雷雨になるでしょう。中国、四国、近畿は朝晩を中心に雨が降り、雷を伴って雨脚の強まる所もありそうです。竜巻などの激しい突風やひょう、落雷、急な強い雨に注意してください。東海や北陸も夜は雨や雷雨になるでしょう。17日(水)も近畿から関東を中心に午前中は所々で雨が降りそうです。

18日(木)から19日(金)は本州付近は広く晴れるでしょう。ただ、北海道はあちらこちらで雨が降り、沿岸部では風も強まりそうです。

20日(土)は九州で雨が降りだし、21日(日)は九州から関東にかけて広く雨が降るでしょう。

最高気温は平年より高い日が多いでしょう。関東以西では20日(土)頃にかけて夏日(最高気温25℃以上)地点が続出しそうです。体がまだ暑さに慣れていない時期ですので、こまめに水分をとるなど暑さ対策をなさってください。

広く「黄砂」飛来か

画像B

また、日本列島に「黄砂」が飛んできそうです。16日(火)夜に九州や中国地方に、17日(水)から18日(木)は九州から北海道にかけて広く「黄砂」が飛来する予想です。

「黄砂」が飛来すると、自動車や洗濯物に黄砂などが付着し、汚れることがあります。洗濯物は部屋干しが安心です。車に黄砂が付着してしまった場合は、タオルやぞうきんで拭くと細かなキズをつけてしまうことがあります。高圧洗浄などの水洗いが効果的とされていますので、洗浄すると良いでしょう。

24日(水)~25日(木)頃は広く雨 ゴールデンウィークは青空でスタート

画像C

24日(水)から25日(木)頃は全国的に雨が降り、広く本降りの雨になるでしょう。26日(金)から28日(日)は本州付近は広く晴れる見込みです。ゴールデンウィーク前半は晴天のもとスタートする所が多くなるでしょう。沖縄は雨マークが並び、梅雨のはしりになりそうです。

最高気温は25日(木)頃までは平年並みとなるでしょう。26日(金)以降は平年より高く、また夏日地点が続出しそうです。