メイン画像

今日15日、九州は雨が降ったり止んだりで、雷を伴い一時雨脚が強まる所があるでしょう。今夜(15日)から明日16日は上空に流れ込む寒気の影響で、大気の状態が非常に不安定になります。局地的に雨雲が発達するおそれがあり、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨にご注意下さい。

15日は九州各地で雨

画像A

今日15日、九州は湿った空気や前線の接近に伴い、広い範囲で雨が降っています。午前10時50分現在、九州の西の海上には発達した雨雲も発生しています。午後も九州は雨が降ったり止んだりで、雷を伴い一時雨脚が強まる所があるでしょう。また、今夜(15日)から明日16日は九州の上空に寒気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になります。今夜から雨の止む時間が増えてきますが、局地的に雨雲が発達するおそれがあります。発達した積乱雲の下では落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨にご注意下さい。

また、今日15日は雨の影響で、最高気温は21度前後と昨日より5度前後低くなる見込みです。沿岸海上は南よりの風がやや強く吹き、海上は波が高い所が多いですのでご注意下さい。

16日(火)は不安定な天気

画像B

明日16日、九州は日中は北から次第に晴れ間がでてきますが、上空の寒気の影響で不安定な天気です。急な雨や落雷、竜巻などの激しい突風にご注意下さい。17日(水)から19日(金)は高気圧に覆われて大体晴れて、汗ばむ暑さになる所がある見込みです。
週末から来週は前線の影響を受けやすくなり、天気がぐずつくでしょう。