アリアナ・グランデ、【シネマコン】でシンシア・エリヴォ/イーサン・スレイターら映画『ウィキッド』のキャストと登壇

 アリアナ・グランデは映画『ウィキッド』のキャストたちを愛している。30歳のグランデは、シンシア・エリヴォ、ジョナサン・ベイリー、ジェフ・ゴールドブラム、ミシェル・ヨーらと共に、現地時間4月10日に米ラスベガスで開催された【シネマコン】でこの2部作映画のプロモーションを行った際に、バックステージでキャストとスウィートな写真を撮ったり、イーサン・スレーターと手をつないで会場を歩いたりした。

 デリケートなピンクの花を模したドレスを身に纏ったグランデは、エリヴォと共にシーザース・パレスのコロシアムで開催されたユニバーサル・ピクチャーズとフォーカス・フィーチャーズのプレゼンテーションに登壇し、この映画について語った。グレゴリー・マグワイアの人気小説を原作とするスティーヴン・シュワルツのミュージカルを、ジョン・M・チュウが2部構成で実写化する本作で、グランデはグリンダ役、エリヴォはエルファバ役を演じる。第1部は今年の感謝祭にあたる現地時間11月28日に全米公開される予定だ。

 バックステージでグランデとエリヴォは、映画でオズの魔法使いを演じたゴールドブラムとメイク・ステーションでミラーセルフィーを撮った。ゴールドブラムは、マダム・モリブル役のヨー、フィエロ役のベイリー、マンチキンのボク役のスレーターも映っているこのセルフィーをグランデとの別の写真と共にインスタグラムに投稿した。

 「魔法のようなファミリーと再会できで虹の彼方にいるような気分です!」というキャプションが添えられたこの投稿に、2度【グラミー賞】を受賞したグランデは「愛してる!!!!!!!」 とコメントしている。

 会場で撮影された映像で、昨年にイギリスで映画『ウィキッド』の撮影中に交際を始めたというグランデとスレーターは、手をつなぎながら一緒に会場を歩いている。ブロードウェイ・ミュージカル『スポンジ・ボブ』で主演を務めたスレーターは、グランデとお揃いのピンクのシャツを着ている。

 この映画のプロモーション・イベントは、グランデがブロードウェイで上演されたミュージカル『スパマロット』の千秋楽に駆けつけてスレーターを応援した数日後に行われた。ファンが撮影した映像には、2人が手をつないで米ニューヨークのセント・ジェームズ劇場を後にする姿が収められている。その後、グランデはインスタグラムのストーリーズで「最高に美しく、才能に溢れ、親切なキャストとスタッフの皆さん、公演の大成功おめでとうございます」と綴っていた。