エアロスミス、延期になっていたフェアウェル・ツアー新日程を発表

 2023年にフロントマンであるスティーヴン・タイラーの声帯損傷により、フェアウェル・ツアー【ピース・アウト】を予期せぬ形で中断していたエアロスミスが、今秋から来年の冬にかけて予定されているツアーの振替日程と新日程を発表した。

 現地時間2024年4月10日、エアロスミスはこの発表をインスタグラムで共有し、ザ・ブラック・クロウズとテディ・スウィムズがそれぞれ一部の日程でサポートとして参加することを明らかにした。スティーヴン・がジョー・ペリー、ブラッド・ウィットフォード、トム・ハミルトン、ドラマーのジョーイ・クレイマーと行う今回のツアー初日公演は、現地時間9月20日にペンシルベニア州ピッツバーグで行われる。

 バンドによると、“購入済みのすべてチケットが振替日程で使用可能”で、「振替日程と新たに追加された公演のチケットは、現地時間4月12日午前10時よりエアロスミスの公式サイトにて発売されます」と明らかにしている。

 エアロスミスは、スティーヴンの怪我が、“当初考えられていたよりも深刻”であることが判明したため、予定されていた【ピース・アウト】の残りの公演を無期限で延期すると6か月以上前に発表した。この声明には、「彼の主治医は声帯の損傷に加え、喉頭を骨折していることを確認しました。速やかに回復するために最善の治療を受けていますが、骨折の性質上、忍耐が不可欠だと言われています」と綴られていた。

 スティーヴンは当時、「エアロスミス、ブラザーたち、そして素晴らしいブラック・クロウズと一緒に、世界最高のファンと一緒にロックができないことに心を痛めている。出来るだけ早く戻ると約束するよ」と自身の声明で説明していた。