メイン画像

今日9日の関東甲信は雨や風が強まり、昼前後が大雨のピークとなりそう。土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒を。夕方以降は次第に雨がやむものの、気温低下。

昼過ぎまで 局地的に激しい雨

画像A

今朝(9日)は、本州の南岸を進む低気圧や前線の影響で、関東でも雨脚が強まっています。このあと昼過ぎにかけては、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。大雨のピークは、昼前後の予想です。雨雲が予想以上に発達したり、停滞した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。

予想降水量は、明日10日午前6時までの24時間に多い所で、関東北部は100ミリ、関東南部で130ミリ、甲信で120ミリ、伊豆諸島で100ミリとなっています。土砂災害、低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒してください。

雨雲が抜けるのは夕方以降で、千葉県など沿岸部では午後6時頃まで雨が降るでしょう。

次第に北風に変わる 体感温度も低下

画像B

最高気温は昨日8日より低く、内陸部ほど気温差が大きくなりそうです。18℃前後の所が多く、長野は8℃と季節が1か月ほど逆戻りするでしょう。

東京都心の気温と風の変化をみると、午前中は気温が横ばいですが、南よりの風が吹く予想です。ただ、午後になると北よりの風に変わり、正午から午後3時のわずか3時間に気温が4℃ほど下がるでしょう。北よりの風でいっそう寒く感じられそうです。厚手の上着やストールなどで調節してください。

激しい雨って どんな雨?

画像C

激しい雨は、1時間雨量が30ミリ以上~50ミリ未満の雨を表しています。これは、バケツをひっくり返したように降るイメージです。また、傘をさしていてもぬれるレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では道路が川のようになり、高速道路を走る車は、タイヤと路面の間に水の膜ができて、ブレーキがきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こるおそれがあります。

激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。