ビヨンセ、ジャック・ホワイトに感謝の花束を贈る

 ビヨンセとジャック・ホワイトの友情はまだ続いている。2024年3月29日にニュー・アルバム『カウボーイ・カーター』をリリースしたビヨンセが、ジャック・ホワイトに花束を贈った。

 ジャックは、ビヨンセからの花束と「ジャック、元気でしょうか?今回のアルバムで、あなたにどれほどインスパイアされたか知ってもらえたらと思います。愛を込めて、ビヨンセ」と書かれたメモの写真をインスタグラムに投稿した。

 キャプションには、「今朝、ここナッシュビルで、ニュー・アルバム『カウボーイ・カーター』のリリースを祝っている、才能豊かで気品のある@beyonceから、素敵な計らいを受け取りました」と綴り、「多くの愛と尊敬をマダム、そして心からありがとう。これからも美しくパワフルな音楽を作り続けてください、あなたのように歌える人はこの世にいません」と続けた。


 二人は、ビヨンセが2016年に発表したアルバム『レモネード』に収録されている「Don't Hurt Yourself」で共演したことがある。ジャックは、この怒りに満ちた楽曲の共同プロデューサーを務めた。「彼女と話した時、“あなたとバンドをやりたい”と言われたから、“本当に?なら、何か一緒にやろう”と返答したんだ」と彼は以前コラボが実現した経緯を米NPRに話していた。「彼女の歌声は昔から大好きだった。まるでベティ・デイヴィスやアレサ・フランクリンの時代を彷彿とさせるソウルフルな歌声を持っていると思うんだ」と説明していた。

 ジャックは、「彼女は歌詞のアウトラインのスケッチのようなものを、最も圧倒的で、凶暴で、信じられないような曲に変えた。どうカテゴライズしたらいいのかわからないーソウル、ロックンロール、何でも構わない。“Don't Hurt Yourself”はものすごく強烈だ。彼女がこの曲でやったことにはとても驚いている」と続けていた。