メイン画像

今日(29日)の北海道は、広い範囲で雨が降り、太平洋側を中心に雨脚の強まっている所があります。また、沿岸を中心に各地で風も強まり、午前11時現在、暴風・波浪警報が発表されている所もあります。夕方までは暴風に、今夜にかけては高波に警戒してください。
なお、明日(30日)は黄砂が飛来する予想となっています。天気が回復しても、黄砂への対策を心がけるとよさそうです。

今日29日午後の天気 夜には風のピークは過ぎ、雨もやむ

今日(29日)は、日本海の低気圧が発達しながら北海道付近を通過する見込みです。気圧の傾きが大きく、大気の状態が不安定でしょう。

道内では午後も広く雨が降り、日高から東の太平洋側を中心に降り方が強まるでしょう。
明日午前6時までの24時間に降る雨の量は、多い所で以下の通りです。
日本海側南部・太平洋側 80ミリ
日本海側北部 50ミリ
オホーツク海側 30~40ミリ

全道的に気温も高めで、雨を伴って雪解けが急速に進みそうです。融雪による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水、なだれなどには十分注意してください。
また、沿岸を中心に風も強まり、横なぐりの雨となる所が多いでしょう。石狩中部と南部では昼過ぎまで、網走地方では夕方まで暴風に警戒が必要です。

なお、夕方には西から次第に雨はやみ、夜には広く雨はおさまる見込みです。風もピークが過ぎる所が多いでしょう。しかし、雨がやんでもすぐに土砂災害の危険がなくなったり、川の水位が下がったりするわけではありません。引き続き、傾斜地や川のそばなど、危険な場所には近づかないようにしてください。

明日30日は黄砂に注意

画像B

明日(30日)は広く天気が回復し、日中は道東方面を中心に晴れ間や日差しの戻る所が多くなるでしょう。道北や道央など北海道の西半分の地域で雨の降る所がありますが、降り方は弱い見込みです。

なお、明日は広く黄砂が飛来する予想となっています。
日中の気温は高めで、10度前後まで上がる所が多く、洗濯物をつい外に干したくなるかもしれませんが、天気が回復しても洗濯物の外干しは避けた方がよいかもしれません。
また、 黄砂が飛来している時は、マスク(不織布マスク等)を着用することで、ある程度の予防効果が期待できます。マスクを着用する場合には顔の大きさに合ったものを選び、空気が漏れないようにしましょう。