メイン画像

今日22日(金)は、九州で花粉が「非常に多い」予想で、主にヒノキ花粉の飛散が増えそう。中国、四国から東海は「やや多い」、関東甲信は「多い」予想で、スギ花粉に加えてヒノキ花粉も飛ぶ所があるでしょう。スギ花粉のピークを過ぎた所も、今後はヒノキ花粉が増えて、4月上旬にピークを迎える所が多い見込みです。

今日の花粉は

画像A

今日22日(金)の花粉飛散量は、九州で「非常に多い」でしょう。ただ、一番上の画像にあるように、スギ花粉よりヒノキ花粉の飛散が増えそうです。ヒノキ花粉で症状が出やすい方は対策を万全になさってください。
中国、四国から東海は「やや多い」予想です。こちらはスギ花粉がメインですが、ヒノキ花粉の飛ぶ所もあるでしょう。
関東甲信は、関東南部を中心に「多い」予想で、スギ花粉に加えてヒノキ花粉も飛びそうです。

花粉いつまで

画像B

花粉シーズンもいよいよ終盤です。
スギ花粉のピークは多くの所で越えつつあって、関東や東北もまもなくピークを越えるでしょう。一方で、東京の多摩地区では先週からヒノキ花粉が増えており、これからはヒノキ花粉が主体となる時期です。ヒノキ花粉のピークは4月上旬にかけて続く所が多いでしょう。四国や関東では4月中旬まで続く所があり、あとひと月くらいの辛抱となりそうです。

帰宅後の花粉対策

画像C

花粉症の症状を緩和させるには、できるだけ花粉を避けることが大切です。そのためには、帰宅した際、体についた花粉を室内にいれないよう、以下のことを心がけましょう。

① 上着を玄関先ではたくなど、室内に入る前に、洋服や髪の毛についた花粉を、落としましょう。花粉症でない方も、このひと手間を心がけていただけると、花粉症の方にとって過ごしやすい空間を維持することができます。
② 髪の毛についてしまった花粉は、シャンプーで洗い落とすのも効果的です。
③ 帰宅後は、すぐに、うがいをして、喉に流れた花粉を取り除きましょう。
④ 洗顔をして、顔についた花粉を落とすのも、おすすめです。洗顔の際は、眼や鼻の周りについてしまった花粉が、体内に侵入しないよう、気を付けてください。