メイン画像

今日21日(木)は花粉の飛散が少し落ち着く所もありますが、明日は関東や東海で花粉が「非常に多い」予想です。この先も関東など「非常に多い」所があり、スギ花粉がピークを過ぎた所もヒノキ花粉が増えるでしょう。

花粉 まだ大量飛散の日あり

今日21日(木)は冬の寒さで、花粉の飛散は少し落ち着く所もあるでしょう。ただ、関東周辺は風が強いため、症状が出やすい方は注意が必要です。

明日22日(金)は気温が上がり、関東や東海で飛散量が「非常に多い」予想です。そのほか東北や近畿から九州でも「やや多い」でしょう。

この先しばらくは前線の影響で雨が降りやすいものの、晴れ間の出る東北や関東で花粉が飛散しやすく、度々「非常に多く」飛ぶ日があるでしょう。
なお、東京では多摩地区で先週からヒノキ花粉が増えています。スギ花粉がピークを過ぎた所も、これからはヒノキ花粉が増える時期です。油断せず、外出時や帰宅時は花粉対策をとりましょう。

帰宅後の花粉対策

画像B

花粉症の症状を緩和させるには、できるだけ花粉を避けることが大切です。そのためには、帰宅した際、体についた花粉を室内にいれないよう、以下のことを心がけましょう。

① 上着を玄関先ではたくなど、室内に入る前に、洋服や髪の毛についた花粉を、落としましょう。花粉症でない方も、このひと手間を心がけていただけると、花粉症の方にとって過ごしやすい空間を維持することができます。
② 髪の毛についてしまった花粉は、シャンプーで洗い落とすのも効果的です。
③ 帰宅後は、すぐに、うがいをして、喉に流れた花粉を取り除きましょう。
④ 洗顔をして、顔についた花粉を落とすのも、おすすめです。洗顔の際は、眼や鼻の周りについてしまった花粉が、体内に侵入しないよう、気を付けてください。