メイン画像

21日(木)も関東から東北は非常に強い風が吹くでしょう。暴風や高波に警戒。山陰から北陸は山沿いを中心に大雪となる所もあるでしょう。23日(土)以降は前線が延び、九州から関東は雨が降りそうです。西日本は大雨の恐れもあります。

21日(木)も暴風や高波に警戒

画像A

21日(木)にかけて西日本から東日本の上空約5500メートルにはマイナス36℃以下のこの時期としては強い寒気が流れ込むでしょう。また、日本の東で低気圧が急速に発達する見込みです。関東から東北は非常に強い風が吹き、海上では大しけとなる所があるでしょう。暴風や高波に警戒してください。交通機関への影響にも注意が必要です。山陰から北陸は山沿いを中心に雪が降り、大雪となる所があるでしょう。大雪や路面の凍結による交通障害に注意・警戒が必要です。

22日(金)は高気圧に覆われて、晴れる所が多くなるでしょう。強い風も収まりそうです。

23日(土)頃から前線停滞 大雨の恐れも

画像B

23日(土)頃から前線が本州付近に延びる見込みです。25日(月)頃は前線上の低気圧が西日本から東日本を進むでしょう。

23日(土)頃から九州から関東では断続的に雨が降りそうです。特に24日(日)から25日(月)頃は前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、西日本を中心に大雨となる恐れがあります。九州などで平年の3月ひと月の雨量に匹敵するような大雨となる所もありそうです。最新の気象情報にご注意ください。

寒暖差大 体調管理に注意

画像C

日によって、気温の変化も大きくなりそうです。

23日(土)頃までは最高気温、最低気温ともに平年より低い所が多いでしょう。特に22日(金)の朝は冷え込み、東京都心や大阪で2℃、名古屋で1℃まで下がりそうです。

一転して、24日(日)と25日(月)頃は最高気温・最低気温ともに平年並みか高くなるでしょう。名古屋など日中は20℃以上になる所もありそうです。26日(火)以降は再び平年並みか低くなり、寒暖差が大きくなるでしょう。体調管理にご注意ください。