メイン画像

20日(水)春分の日は、上空に強い寒気が流れ込み、中国地方から関東、北陸を中心に大気の状態が非常に不安定に。落雷、竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意。日本海側は大雪の恐れもあります。低気圧周辺は風が強まり、暴風にも警戒が必要です。

20日春分の日 低気圧が発達しながら通過 上空に強い寒気

画像A

20日(水)春分の日は、西日本から東日本の上空約5500メートルには、マイナス36℃以下のこの時期としては強い寒気が流れ込むでしょう。また、前線を伴った低気圧が発達しながら東日本付近を通過し、夜には日本の東で急速に発達し、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置となる見込みです。

大気の状態が非常に不安定に

画像B

低気圧に向かって流れ込む湿った空気や上空寒気の影響で、西日本や東日本では大気の状態が非常に不安定となるでしょう。午前中は日本海側を中心に、午後は関東など太平洋側でも発雷確率が高くなっています。

中国地方や四国から関東、北陸を中心に、所々で雨雲や雷雲が発達するでしょう。落雷、竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意してください。祝日で、お出かけされる方もいらっしゃると思いますが、天気の急変に注意が必要です。

日本海側は大雪の恐れ 沿岸部は暴風に警戒

画像C

山陰から東北では日本海側を中心に大雪となる所があり、降雪の強まりによっては、警報級の大雪となる恐れがあります。

また、低気圧周辺では風が強まります。東北から九州の沿岸を中心に暴風や暴風雪となり、大荒れの天気となる恐れがあります。

交通機関に影響がでる可能性もあります。交通情報にもご注意ください。山岳は大荒れとなりますので、登山は計画の変更も視野に慎重な行動を心がけてください。