メイン画像

今日17日(日)は、東北から近畿付近にかけて、平年を上回る気温となりました。最高気温は東京都心21.7℃、仙台は18.7℃と大型連休のころの暖かさとなりました。明日18日以降は、季節が戻り、週の中ごろには真冬の寒さになる所もあるでしょう。体調管理にご注意ください。

季節先取りの暖かさ

今日17日(日)は、日本海を進む低気圧や前線と九州付近に発生した低気圧の影響で広い範囲で雨が降りました。暖かく湿った空気が流れ込んだため、日差しが少なかった地域でも気温は上がりました。関東や東北の太平洋側は、晴れて、日差しの後押しもあり、大型連休のころの暖かさとなった所もありました。

各地の最高気温(15時現在)は、札幌5.3℃(平年並み)、仙台18.7℃(5月上旬並み)、東京都心21.7℃(4月下旬並み)、金沢15.9℃(4月上旬並み)、名古屋15.7℃(平年並み)、大阪16.5℃(3月下旬並み)、広島13.2℃(3月上旬並み)、高松15.4℃(平年並み)、福岡14.4℃(平年並み)、那覇24.6℃(4月中旬並み)

真冬並みの寒さに逆戻り

画像B

ただ、この季節先取りの暖かさは今日までとなりそうです。今週は季節が逆戻りして、真冬の寒さになる所もあるでしょう。

明日18日(月)の最高気温は、仙台7℃と今日より10℃以上低い予想です。東京も14℃と大幅に低くなるでしょう。そのほかも今日より低い所が多くなりますので、気温の変化には注意が必要です。

20日(水:春分の日)と21日(木)が寒さの底で、20日は仙台で4℃、21日は新潟5℃、東京11℃、大阪9℃、福岡12℃と真冬並みの寒さの所もあるでしょう。体調を崩さないようにご注意ください。