メイン画像

明日18日は、北海道と東北は日本海側を中心に雪や吹雪。全国的に、北または西よりの冷たい風が吹く。関東をはじめ、今日17日との寒暖差が大きくなる地域も。

冬の天気分布 北海道と東北 雪や風が強まる

明日18日(月)は低気圧が発達しながら北海道の東へ。日本付近は西高東低の気圧配置となるでしょう。

北海道の日本海側とオホーツク海側は広く雪で、東北の日本海側も断続的に雪。ときおり降り方が強まります。風も強まり、ふぶくでしょう。東北の日本海側は暴風雪になる所があり、低気圧の発達の度合い等によっては北海道も暴風雪になる所がありそうです。
北海道の太平洋側と東北の太平洋側は日差しが届きますが、所々に雪雲が流れ込みます。こちらも風が強まるでしょう。沿岸部を中心に、最大風速18メートル(最大瞬間風速30メートル)と、煽られて転倒する人がでるくらいの所もありそうです。電車など、交通機関が乱れることも考えられます。
新潟県は雪が降ったりやんだりの一日に。北陸3県は昼前まで雨や雪で、近畿北部や山陰も午前中は所々で雨や雪が降るでしょう。関東から西の太平洋側と九州、沖縄は、おおむね晴れる見込みです。

南風から北風に 寒さ戻る

画像B

日中の気温は、北海道と東北北部は0℃から3℃くらいに留まる所が多く、東北南部と北陸も5℃から8℃くらいまでしか上がらないでしょう。仙台をはじめ、今日との気温差が10℃以上となる所もあります。今日、広く20℃を超えた関東は、明日は15℃に届かない予想で、東海や近畿も今日より5℃前後低くなる所が多いでしょう。各地、北または西よりの風が強まり、いっそう寒く感じられそうです。厚手の上着やマフラーなどが活躍するでしょう。
中国と四国、九州、沖縄は、今日と同じくらいの予想ですが、こちらも、南風から北風に変わるため、体感温度は低くなりそうです。