メイン画像

今日13日は、広い範囲でよく晴れています。最高気温は北海道や東北、北陸は昨日12日より低めで、北風が身にしみる寒さです。関東から西は日差しがある割には、北風の強い状態が続いているため、体感はひんやり。明日14日は北風がおさまり、暖かくなるでしょう。

今日13日 晴れても北風ひんやり

画像A

今日13日(水)は、北日本の東の海上で低気圧が発達を続けています。
北陸や東北、北海道では日本海側を中心に、雨や雪の降っている所があります。
北日本や北陸は、昨日12日(火)より気温が低く、午後2時30分までの最高気温は、札幌市で1.0℃、仙台市で8.4℃など、冷たい北風が身に沁みる寒さです。

関東から西は広い範囲でよく晴れていますが、風が強いため、体感温度は低めです。
今日13日(水)午後2時30分までの最高気温は、関東から九州にかけては、13℃から15℃くらいで、平年並みかやや高めの気温となっています。東京都心は13.7℃、大阪市は12.0℃とほぼ平年並みですが、気温の割に風が冷たく感じられます。風速1メートル増すごとに体感温度が1℃くらい下がると言われていますが、今日の都心は午前11時から午後1時まで風速6メートル~8メートルの北西の風が続きました。

全国的に北寄りの風が強まっていて、午後3時現在、北海道の広い範囲と、東北から近畿にかけての太平洋側、中国、四国の一部に強風注意報が発表されています。今夜にかけて強い風にご注意ください。

寒気にかわり 南から4月並みの暖気流入

画像B

しばらく日本の上空には寒気の流れ込みやすい状態が続きましたが、明日14日(木)以降は、日に日に寒気が弱まり、土日は寒気にかわって暖気が流れ込むでしょう。
16日(土)午後3時には、上空1500メートル付近で6℃以上の「4月並みの暖気」が西日本を中心に流れ込み、関東など東日本にも一部に流れ込む見込みです。

土日は東京で20度予想 気温乱高下に注意

画像C

この先は、日ごとに寒さのゆるむ所が多いでしょう。
明日14日(木)は、全国的に冷たい北風がおさまりそうです。九州から関東まで最高気温が15℃を超えて、日差しにほっとできる陽気となるでしょう。
北陸や東北、北海道も寒さが和らぎそうです。

土日は、全国的に平年を上回る暖かさとなり、特に関東から西で気温が上昇します。東京では連日20度の予想で、日中はシャツ1枚で過ごせるような暖かさです。その後、20日(水)「春分の日」の頃は、寒気の影響で寒さが戻るでしょう。気温が乱高下しますので、日々の服装選びにはご注意ください。