デュア・リパ、母校の子供たちをサプライズ訪問

 デュア・リパが、昔通っていた学校をサプライズで訪れた。英BBCラジオ1が公開した可愛らしい動画で、28歳のデュアは、英ロンドンにある母校を訪れ、昔の担任先生と再会した。彼女の突然の登場に驚き、興奮した様子だった生徒たちが待つ教室に足を踏み入れる前に、デュアは20年近く前のある出来事にいまだに悩まされていることを告白した。

 「学校の劇で主役になりたかった」とデュアは振り返り、「なれなかったけれど、すごくその役が欲しかった」と語った。彼女は、子供からのアドバイスを受けながら、その役のために再びオーディションを受けた。オーディションを再現する直前、彼女は「なぜ緊張しているんだろう?」と真剣な面持ちで尋ねている。

 デュアと別れる前に、彼女が映画『バービー』に提供したヒット曲「Dance the Night」を生徒たちが合唱すると、彼女は納得の笑みを浮かべた。

 デュアは、ニュー・アルバムに収録予定の最新シングル「Training Season」を3月4日にリリースしたばかりだ。昨年11月に発表し、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で11位をマークした「Houdini」も同様に新作に収められる予定だ。

 彼女は100曲以上を書いたという、来たるアルバムに関してのジミー・キンメルとの最新インタビューで、「曲を書いた瞬間に、その曲が良いか悪いか、あるいはそれに近いかどうかがわかるんです」と述べ、「このアルバムに収録されている全ての曲は、他のどのアルバムとも違っています。完璧だと思えるまで何度も何度も曲を書き直しました。これは過去のアルバムでは自信がなくてできていなかったことです」と説明していた。