メイン画像

今日12日の関東は、天気下り坂。沿岸部では局地的に激しい雨が降り、暴風になる所も。雨のピークが帰宅時間に重なる所もあるため、最新の情報を確認し、早めに行動を。

大雨や暴風に警戒

今日12日の関東地方は、急速に発達する南岸低気圧の影響で、局地的に大雨となるでしょう。

今朝は所々で雨が降っていて、次第に雨雲が広がります。昼前には広く本降りの雨。雨のピークは夕方から夜のはじめ頃で、沿岸部を中心に雷を伴った激しい雨が降るでしょう。標高の高い山では、雪が降りそうです。

午後は雨だけでなく、風も強まり、沿岸部や伊豆諸島では非常に強い風が吹きそうです。今夜は関東でうねりを伴い大しけとなり、伊豆諸島は明日13日未明から昼前にかけて大しけとなる所があるでしょう。暴風や高波に警戒してください。

雨・風・波の予想

画像B

【予想降水量】(多い所)
1時間降水量 12日
関東北部・関東南部・伊豆諸島 40ミリ

24時間降水量 明日13日6時まで
関東北部・関東南部・伊豆諸島 80ミリ

【最大風速(最大瞬間風速)】
12日
関東の海上 25メートル(35メートル)
伊豆諸島  23メートル(35メートル)
関東の陸上 20メートル(35メートル)

13日
関東の海上・伊豆諸島 20メートル(30メートル)
関東の陸上 15メートル(30メートル)

【波の高さ】
12日
関東 6メートル うねりを伴う
伊豆諸島 5メートル

13日
関東 5メートル うねりを伴う
伊豆諸島 6メートル

暴風や高波に警戒し、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。雨雲が予想以上に発達した場合は警報級の大雨となる可能性があります。

真冬のような寒さの所も

画像C

雨の影響で、気温は日中もあまり上がりません。

最高気温は10℃前後の所が多く、東京都心は2月中旬並みになるでしょう。北よりの風が次第に強まるため、体感は真冬並みの寒さです。

神奈川県や千葉県など、低気圧に近い所では南よりの風が強まるため、日中は風の冷たさはないでしょう。ただ、夜は次第に北よりの風に変わりそうです。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

画像D

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。

②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。

③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。