マドンナ、ライブで車椅子に座ったファンを誤って非難した後に謝罪

 マドンナが、現在行っている【セレブレーション・ツアー】の米イングルウッド公演で失態を犯した。

 現地時間2024年3月9日に米カリフォルニア州イングルウッドにあるキア・フォーラムで行われた公演で、マドンナはパフォーマンス中に座っていた車椅子のファンを誤って非難した。

 「そこで座って何をしているの?座ってどうするの?」と、マドンナはステージの端まで歩いて近づく前にそのファンに尋ねた。その後、自身が恥ずかしい過ちを犯したことに気づき、すぐに謝罪した。そのファンが車椅子に座っているのを見た彼女は「ああ、わかった。政治的に間違っていた。申し訳ない」と言い、「あなたがここにいることを嬉しく思うわ」と続けた。

 ファンが撮影したこの痛々しい瞬間を捉えた映像は瞬く間にネット上で拡散され、多くのSNSユーザーから反発を招いた。

 あるXのユーザーは、「座っていようが、立っていようが関係ある?彼らはお金を払って、時間を使ってそこにいるんだろう?それで十分じゃないのか?」と綴り、肩をすくめる絵文字を添えた。

 また、別のユーザーは、「車椅子を使わない多くの人も座る必要がある。これは正直言って不快で身障者差別だ」と投稿し、「そのファンがチケットを購入して、来てくれたことに感謝をするべきだ」と続けた。

 マドンナは、キア・フォーラムでの5公演を現地時間3月4日にキックオフした。【セレブレーション・ツアー】は、マドンナのヒット曲、個人的な苦悩、ポップ・カルチャーへの影響、そして尽きることのない影響力を振り返るキャリア集大成となっている。

 イングルウッドでの初日公演で、65歳になるマドンナは、入院と今回のツアーの延期の原因にもなった2023年6月に患った重度の細菌感染症により、一時は体を動かすことがほとんど不可能だったと明かした。

 カウボーイ・ハットを片手に持った彼女は、もう片方の手でギターを握りしめながら「(昨年の)夏にびっくりすることがあったんだよ」と観客に語り、「臨死体験っていうんだけどね」と続けていた。