メイン画像

10日(日)も上空の強い寒気の影響で、日本海側を中心に昼頃まで雪が降り、山沿いで大雪となる所があるでしょう。11日(月)は西から天気が下り坂。12日(火)は前線を伴った低気圧の影響で全国的に雨が降るでしょう。太平洋側を中心に雨や風が強まりそうです。

日曜日も上空に寒気 昼頃まで大雪に注意

画像A

10日(日)も西高東低の気圧配置で、上空に強い寒気の流れ込みが続くでしょう。

西日本では朝まで、東日本や北日本では昼頃まで、日本海側を中心に所々で雪が降りそうです。長野県と関東地方北部の山沿いでは大雪となっており、10日(日)昼前にかけてさらに積雪が増えるでしょう。積雪や路面の凍結による交通障害に警戒・注意してください。また、なだれにも注意が必要です。太平洋側は晴れる所が多くなるでしょう。

最高気温は平年より低い所が多く、北海道は0℃前後、東北や北陸は5℃前後となりそうです。関東から中国、四国も10℃を少し超えるくらいの所が多いでしょう。今日よりは高いものの、まだ風が冷たく感じられそうです。

月曜日は西から天気下り坂 火曜日は雨や風が強まる

画像B

11日(月)は前線を伴った低気圧が西日本に近づいてくるでしょう。九州や中国、四国では次第に雨が降りだしそうです。

12日(火)は前線を伴った低気圧が本州の南岸沿いを発達しながら進むでしょう。低気圧や前線に向かって雨雲のもととなる暖かく湿った空気が流れ込みそうです。全国的に雨が降り、太平洋側を中心に活発な雨雲がかかるでしょう。九州から関東では雨脚が強まり、大雨となる恐れもあります。沿岸部を中心に風も強まり、横殴りの雨になる所もあるでしょう。

今年、何度か関東甲信に雪をもたらしている南岸低気圧ですが、今回は寒気は北上し、今の所、多くの地域で雨が降る予想です。