メイン画像

今日9日(土)は、日本海側は広く雪。北陸や、その周辺の地域は雷を伴って強く降る所も。日差しが届く太平洋側も、気温はあまり上がらず。北風が強めに吹いて、真冬のような寒さ。

西高東低の気圧配置

今日9日(土)は、低気圧が北陸や東北付近を通過したあと、日本付近は西高東低の気圧配置に。日本海側は、広い範囲で雪または冷たい雨が降ります。北陸や、その周辺の地域は大気の不安定な状態が続くでしょう。
【各地の天気】
沖縄と九州は大体晴れるでしょう。
四国と山陽、近畿南部と中部も日差しが届きますが、山沿いを中心に所々でにわか雪やにわか雨がありそうです。
山陰と近畿北部は、平地は雨で、山沿いは雪。午前中はときおり降り方が強まります。
東海と関東甲信は、平地はおおむね晴れるでしょう。名古屋市周辺など、午前中は一部で雪や雨となりますが、降るのは一時的で降り方も弱い見込みです。一方、岐阜県から長野県の山沿いと関東北部の山沿いは断続的に雪で、降り方の強まることも。短い時間で積雪が急に増える所がありそうです。
北陸と、東北の日本海側は雪や雨が降ったりやんだりするでしょう。雷雲が発達しやすく、落雷や突風、急に強まる雪や雨に注意が必要です。風も強く、吹雪により見通しがかなり悪くなる所もあるでしょう。
東北の太平洋側は昼前までは所々で雪や吹雪となりますが、午後は天気が回復に向かう見込みです。
北海道は、日中は晴れ間が広がります。夜は雲に覆われ、日本海側ほど雪の所が増えてくるでしょう。

最高気温 平年より低い 東海や近畿など 真冬並みの地域も

画像B

最高気温は、昨日(8日)と同じか低い所がほとんど。平年と比べても低くなるでしょう。
沖縄は18℃前後で、九州と四国は10℃から15℃くらい。中国地方と近畿、東海は8℃から10℃くらいで、真冬並みの所が多くなります。関東は、昨日と比べると高くなりますが、それでも平年より低めで、広く10℃から12℃の予想。北陸と東北は3℃から5℃の所が多く、厳しい寒さです。北海道は0℃から2℃くらいまでしか上がりません。
全国的に、北または西よりの冷たい風がときおり強まり、実際の気温よりも体感温度が低くなるでしょう。日差しが届く地域でも、厚手のコートやマフラーなどで、防寒を万全になさってください。