ヒップホップユニット Creepy Nuts(写真:@umihayato All Retouched by @hiroyabrian)
ヒップホップユニット Creepy Nuts(写真:@umihayato All Retouched by @hiroyabrian)

  8日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日・金曜午後9時)にCreepy Nutsが出演する。Creepy Nutsが披露するのは、ストリーミング累計1億回再生を突破した話題曲『Bling-Bang-Bang-Born』。どんな盛り上がるパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。そんなCreepy Nutsの過去の記事を振り返る。(「AERA dot.」2021年10月1日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

【写真】蜷川実花が撮った!AERAの表紙を飾ったCreepy Nutsはこちら

*  *  *

 DJ 松永とR-指定からなるヒップホップユニット、Creepy NutsがAERAに登場。ますます活躍の幅を広げる2人が、現在地を語った。AERA 2021年10月4日号から。

 ヒップホップユニットでありながら、絶大な人気を誇るラジオのレギュラー番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」をはじめ、多数のメディアに進出。DJ松永はバラエティー番組のMCや執筆業、R−指定は俳優業も経験し、八面六臂の活躍を見せている。

「こんなありがたい状況は想像しなかったし、望むのも馬鹿馬鹿しいと思ってました」(DJ松永)

 音楽以外の活動も好調だからこそ、音楽という“地盤”がより強化されていると話す。

“本職”の実力は折り紙付きだ。日本最高峰のMCバトル「ULTIMATE MC BATTLE」で前人未到の3連覇を果たした日本一のラッパー・R-指定。「相方がうまいの権化、うまいの元締めみたいな奴なわけですよ(笑)。一緒に活動すればするほど、自分とのギャップが重くのしかかってきた」とDJ松永は話す。その十字架を下ろすために、Creepy Nutsの活動が多忙を極める中、世界最大規模のDJ大会「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019」で優勝し、世界一のDJになった。

AERA 2021年9月27日売り表紙にCreepy Nutsが登場
AERA 2021年9月27日売り表紙にCreepy Nutsが登場

「Creepy Nutsの活動を一切疎かにしないままよく世界一を取ったなと。天晴れです」(R−指定)

「Rが隣にいると表現の水準が高くならざるを得ない。一緒に組んでなかったらそこまで頑張るのは無理だった」(DJ松永)

 お互いのクリエイティブに話が及ぶと、称え合う姿が印象的だ。

 Creepy Nutsの結成から約8年。決して順風満帆ではなかった歩み、売れっ子になったことへの戸惑い、でもまだのびしろしかないという未来への展望──。最新アルバム「Case」には、“今”のCreepy Nutsのリアルが詰まっている。

(ライター・小松香里)

AERA 2021年10月4日号