メイン画像

今日8日は、関東から東北の太平洋側を中心に雪や雨で平地で大雪になる所も。東京都心などでも積雪となるおそれ。通勤、通学の時間帯がピーク。また上空に強い寒気が流れ込み、九州から関東、東北の日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定に。山陰から北陸も雨や雪。落雷や突風に注意。

関東は雨や雪 大雪のおそれも

画像A

今朝(8日)は、山陰から北陸、そして関東甲信や東北南部の太平洋側を中心に雪や雨が降っています。関東や山梨県では内陸を中心に雪が降り、積雪となっている所があります。

今日8日は、日本の南の海上を前線を伴った低気圧が、急速に発達しながら北東へ進むでしょう。関東から東北南部の太平洋側は、午前中を中心に雪や雨が降る見込みです。内陸を中心に雪が降りますが、関東南部の平地でも雪が降り、大雪となる所がありそうです。もし気温が予想より低くなった場合は、東京都心でも積雪が増えるおそれがあります。特に通勤、通学の時間帯に影響が大きくなりそうです。時間に余裕を持って行動し、大雪による交通障害や路面凍結にご注意ください。

日本海側にも低気圧 上空には寒気 大気の状態が非常に不安定に

また日本海側にも別の低気圧があって、こちらも発達しながら 東へ進むでしょう。明日9 日にかけて東北地方を通過する見込みです。西日本から東日本の上空約5500メートルには、氷点下30℃以下の、この時期としては強い寒気が流れ込む見込みです。明日9 日にかけて、上空寒気や低気圧に向かって流れ込む湿った空気の影響で、九州から関東、東北の日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定となるでしょう。局地的に雨雲や雪雲が発達する見込みです。

今日8日は、九州は日中は日差しが出ますが、中国、四国と近畿、東海は晴れ間が出ても、所々でにわか雨や雷雨、または雷を伴って雪が降る所がありそうです。局地的に雨や雪の降り方が強まる見込みです。落雷や突風、降ひょう、竜巻などの激しい突風に注意が必要です。また山陰から北陸、東北と北海道の日本海側を中心に大雪による交通障害、着雪やなだれにご注意ください。

今日の最高気温

画像C

今日8日の最高気温は全国的に平年並みか平年より低くなるでしょう。

九州は昨日7日より3℃前後低く、福岡は11℃、鹿児島は14℃の予想です。大阪は13℃、名古屋は12℃でしょう。東京は10℃と再び厳しい寒さになりそうです。特に朝の通勤、通学の時間帯は、気温がほとんど上がらず、1℃前後の凍えるような寒さでしょう。

仙台は5℃、札幌は1℃と、2月下旬並みの予想です。万全の寒さ対策をしてお出かけください。