メイン画像

明日7日は、日中は広い範囲で晴れるでしょう。関東はやや雲が目立ちますが、真冬の寒さからは解放されそうです。この先も、次々と南岸低気圧が進み、晴れの天気は長続きしません。関東は雨や雪の降るタイミングがあるでしょう。来週にかけて気温の変化も大きくなりそうです。

明日7日 広く日差し 関東・東北の真冬の寒さ解消へ

画像A

明日7日は、西から次第に高気圧に覆われるでしょう。日中天気の崩れる所は少なく、広い範囲に日差しが届きそうです。

沖縄や九州は雲が広がりやすく、夜は所々で雨でしょう。中国、四国から近畿、東海は広い範囲で晴れる見込みです。北陸や東北から北海道の日本海側は午前中は雲が多めですが、午後は次第に晴れ間が広がるでしょう。
関東は雲が多めながら、日が差す見込みです。

朝の気温は東海から西で今朝よりも低く、この時期らしい気温になる所が多いでしょう。
日中は、今日6日と同じかやや高くなる所が多く、真冬の寒さとなった関東や東北では気温が上がります。
東京都心の今日6日の日中の最高気温は10.4℃でしたが、厳しい寒さはいったん和らぐでしょう。

この先晴れが長続きせず 寒暖差に注意

画像B

この先、日本付近には、高気圧と低気圧が交互にやってくるため、晴れの天気は長続きしません。明後日8日は、関東や東北南部で再び雨や雪が降り、再び真冬のような寒さが戻りそうです。

9日から10日にかけては、一時的に冬型の気圧配置となり、太平洋側は広く晴れますが、北陸や東北の日本海側は雪が降り、局地的に大雪となったり、吹雪になったりする所もあるでしょう。雪の多い所ではなだれに注意し、山の急斜面など危険な場所には近づかないようにしてください。

週明けは、再び西から雨の範囲が広がるでしょう。南から暖かな空気が流れ込んで、まとまった雨になる所もありそうです。
また、来週は北日本や東日本にも暖気が流れ込んで、寒さの和らぐ所が多いでしょう。東京都心も週明けは3月下旬頃の暖かさとなりそうです。

8日未明~朝は都心でも雪のまじる可能性

画像C

今日6日未明から朝にかけては、関東南部の平地でも雪が降り、積雪となった所がありました。
関東や東北南部は、明後日8日は再び「南岸低気圧」の影響を受けるでしょう。

8日は未明から朝にかけて、関東の内陸部や山沿いを中心に雪が降るでしょう。降るのは夜間が中心となるため、うっすらと積もる所もありそうです。都心など関東南部の平地でも一時的に雨に雪のまじる所もあるでしょう。8日の雨や雪は、今朝に比べて降水量が少ない分、雪として降ったとしても、降雪量は少ない見込みです。

ただ、気温が低い時間帯であり、予想よりも降り方が強まったり、気温が低くなったりした場合には、雨から雪に変わる可能性があります。直前まで天気予報をこまめに確認してください。8日の峠越えの車の運転は特に注意が必要です。