メイン画像

8日(金)は関東で冷たい雨。平地で雪の降る可能性も。今週末にかけては真冬の寒さの日があり、寒暖差に注意。来週の後半は春本番の陽気。スギ花粉の飛散がピークになるため、万全の対策を。

7日(木)~13日(水) たびたび雨や雪 厳しい寒さの日も

画像A

来週初めにかけても、低気圧がたびたび通過し、短い周期で天気が変わるでしょう。

明日7日(木)は広い範囲で晴れますが、関東は気圧の谷となり、雲の多い天気が続きそうです。夜には伊豆諸島付近で低気圧が発生するでしょう。8日(金)は昼頃にかけて、関東の沿岸部を中心に冷たい雨が降りそうです。気温が下がる未明から朝は、東京都心などでも雪がまじる可能性があります。

9日(土)は東北付近を低気圧が通過するため、北陸や東北を中心に雪の降り方が強まるでしょう。荒れた天気やしけとなる所がありそうです。近畿北部や山陰は断続的に雪が降り、太平洋側にも雪雲が流れ込むでしょう。

10日(日)は広い範囲で晴れて、お出かけ日和となりそうです。11日(月)は西から天気が下り坂。12日(火)は再び本州の南岸を低気圧が進み、九州から東北で雨が降るでしょう。暖かい空気が流れ込むため、雪が降るのは関東甲信や東北の標高の高い所が中心となりそうです。

気温は、全国的に平年並みか低い日が多く、8日(金)から9日(土)にかけては真冬のような寒さの所もあるでしょう。11日(月)の最低気温は、名古屋でマイナス1℃予想と、朝は冷え込みが強まりそうです。寒暖差にご注意ください。

14日(木)~19日(火) 春本番の陽気も 花粉の飛散がピーク

画像B

14日(木)以降も、2~3日ごとに雨が降り、天気の変化が早いでしょう。広い範囲で雨が降るタイミングは、16日(土)からの週末。まだ先の予報ですが、太平洋側を中心に、雨脚が強まる所がありそうです。

ただ、雨のあとも極端な冷え込みはなく、一雨ごとに季節が進むでしょう。15日(金)と16日(土)の最高気温は、九州から関東で20℃前後の所が多く、東北も15℃前後まで上がりそうです。

春本番の陽気とともに、スギ花粉の飛散のピークが重なります。3月の半ばになると、九州ではヒノキ花粉の飛散が増える予想です。花粉が飛びやすい条件は、晴れて気温が高い日、空気が乾燥して風が強い日、雨の翌日以降や気温の高い日が2~3日続いた後です。万全の対策をしてください。