メイン画像

今週の中国地方は、雨や雪が降ったり、冷たい北風が吹く影響で、寒い日が多いでしょう。ただ、来週は徐々に気温が上昇し、来週後半は最高気温が20℃くらいになる所もある見込みです。春へと前進するでしょう。スギ花粉の飛散ピークは3月中頃にかけて、長引きそうです。

今日5日(火)雨で気温が上がらず 真冬並みの寒さの所も

今日5日(火)は、西日本の南岸付近にのびる前線や低気圧の影響で、中国地方は広く雨が降っています。今夜にかけても、雨が降るでしょう。
今朝(5日)は、冷え込みが弱まったものの、日中は雨で気温がほとんど上がらず、最高気温は10℃を超える所は少ない見込みです。真冬並みの寒さとなる所もあるでしょう。

今週はスッキリ晴れる日が少なく 寒い日が多い

画像B

今週の中国地方は、スッキリと晴れる日は少ない見込みです。
明日6日(水)は、前線や低気圧が離れ、日本海から流れ込む寒気の影響を受けるでしょう。山陰や山陽北部は昼頃まで雨の降る所があり、山地では雪がまじる見込みです。午後は天気が持ち直しますが、冷たい北風がやや強く、寒いでしょう。
7日(木)は山陽で、日中は大体晴れる見込みです。山陽で朝の冷え込みが強まり、日中も空気が冷たく感じられるでしょう。
8日(金)から9日(土)は気圧の谷や寒気の影響で、山陰や山陽北部を中心に雲が広がり、雨や雪の降る所がある見込みです。9日(土)の最高気温は10℃を超える所がほとんどなく、真冬並みの寒さとなる所もあるでしょう。今週は寒い日が多い見込みです。

10日(日)は高気圧に覆われて、晴れる所が多いでしょう。朝の冷え込みが厳しい見込みです。
11日(月)から12日(火)は、西日本の南岸付近にのびる前線や低気圧の影響で、雨が降るでしょう。

来週は徐々に昇温 来週末は最高気温20℃の所も

画像C

13日(水)は天気が回復に向かい、15日(金)にかけて、晴れる所が多い見込みです。最高気温は20℃くらいになるなど、暖かいでしょう。ただ、朝は冷え込むため、朝と昼間の気温差は大きくなる見込みです。

16日(土)から18日(月)は、気圧の谷や湿った空気の影響でくもりや雨の天気となる見込みです。

中国地方は、スギ花粉が風の強い日を中心に非常に多く飛んでいます。来週にかけても、天気の大きな崩れがない日はスギ花粉が大量に飛ぶでしょう。花粉症の方は、引き続き対策が必要です。