メイン画像

この先も次々と低気圧が日本付近を進む予想です。8日(金)は東京都心など関東の平野部でも雪が降る可能性があります。東京都心の最高気温は5℃と極寒に。9日(土)は東北や北陸を中心に雪や風が強まりそうです。

次々と南岸低気圧 8日(金)は関東の平野部でも雪の可能性

画像A

6日(水)にかけて本州の南岸沿いを低気圧が進む予想です。九州や中国、四国は朝まで雨が降るでしょう。近畿や東海、関東甲信も昼頃まで雨や雪が降りそうです。沿岸部では激しい雨の降る所があるでしょう。関東甲信の山地を中心に大雪となる恐れもあります。積雪や路面の凍結にご注意下さい。

8日(金)も南岸低気圧の影響を受けます。寒気も流れ込むため、関東の平野部でも雪が降り、東京都心でも雪の可能性があります。最新の気象情報にご注意ください。最高気温は東京都心で5℃と真冬でもそうそうない寒さとなりそうです。万全な防寒対策をなさってください。

9日(土)頃は東北や北陸で雪や風が強まる

画像B

9日(土)頃は東北付近を低気圧が発達しながら通過するでしょう。東北から北陸を中心に雪や風が強まり、荒れた天気となる恐れがあります。最高気温は平年より低い所が多く、金沢市や名古屋市、大阪市では真冬並みの寒さとなりそうです。

10日(日)は高気圧に覆われて、広く晴れるでしょう。

その後も短い周期で天気が変わります。11日(月)は前線が西から近づき、九州で雨が降るでしょう。12日(火)は前線を伴った低気圧が本州の南岸沿いを進み、九州から東北にかけて広く雨が降りそうです。

天気は短い周期で変化

画像C

13日(水)にかけては雨の降る所が多いですが、14日(木)から15日(金)は広く晴れるでしょう。花粉が飛びますので、花粉症の方は対策をなさってください。晴天は続かず、16日(土)以降は九州から東北で雨の降る所が多くなりそうです。

最高気温は平年並みか高くなり、15日(金)から16日(土)は関東から九州は20℃くらいまで上がる所があるでしょう。春本番の暖かさになりそうです。

この先、天気は短い周期で変わり、寒暖差も大きくなるでしょう。体調管理にご注意ください。