メイン画像

今日1日午後は東日本・西日本の太平洋側の地域では晴れる所が多いでしょう。花粉の飛散が多くなるため、しっかりとした対策が必要です。北風も冷たいでしょう。

東日本・西日本 太平洋側で天気回復 北風が冷たい

今日(1日)は、本州の南を進む低気圧や前線の影響で、西日本から北日本の広い範囲で雨や雪が降りました。伊豆諸島の新島空港では、午前4時12分までの1時間に34.5ミリの激しい雨が降りました。ただ、東日本や西日本では雨雲は抜けつつあり、太平洋側を中心に天気が回復してきています。

午後は、東日本・西日本の太平洋側の地域では、晴れ間が出るでしょう。最高気温は15℃くらいの所が多い見込みですが、北よりの冷たい風が強く吹くため、日差しがあっても寒く感じられそうです。お出かけの際は寒さ対策をしっかりなさってください。
一方、東日本・西日本の日本海側は寒気の影響を受けるため、午後も雨や雪が降りそうです。

関東~九州 花粉の飛散が多い

画像B

天気の回復する東日本・西日本の太平洋側の地域では、今日(1日)は花粉の飛ぶ量が多くなりそうです。
関東から九州にかけては、花粉の飛散は「やや多い」予想で、特に四国では「多い」でしょう。雨上がりの日や、気温が高い日、風が強い日は花粉の飛ぶ量が多くなります。花粉に敏感な方は、マスクやメガネなどを装着して対策をするようにしてください。